カウンター

ニシン街道巡り
消えゆく近代土木遺産・日本海の袋澗遺構‼

袋澗(ふくろま)とは?

袋澗は鰊漁が盛んだった時代に網元達が自費で石を積んだり掘削したりして作った私設の多目的施設(小漁港)です。ニシン漁期は強い季節風を伴う事が多く、時化で輸送中の転覆を回避するため、大きな枠網に詰めたニシンを網袋に小分けして入れて沖合から運び天候の急変に対応、大量の漁獲で処理が出来ない場合に備えニシンを生かしたまま一時保存をする生け簀でもあり、木造船(三半船、保津船、磯舟)の出入りや碇泊、漁獲物の陸揚げ、船揚場として利用された。袋網をいれると言う意味から袋澗と称されたが、鰊魚が衰退すると舟澗とも呼ばれたという。鰊魚の最盛期には日本海沿岸に300ヶ所以上の袋澗があったと云い、そのうち3割ほどは奥尻、利尻、礼文島に、残りは積丹半島から瀬棚にかけての海岸線にあった。袋間の密度は神恵内村と泊村が突出しているが、鰊魚が衰退し船揚場や漁港に姿を変えたのを除くと、多くは放置されて崩壊の一途をたどり完全に消滅したのも多い。日本海沿岸で比較的簡単に見られ一見して袋間の形状が見て取れる標本的な遺構は現在では極少数となってしまった。北海道文化遺産データベースにある木下ノ袋澗、田中ノ袋澗、船倉ノ袋澗、出町袋澗など名前の知られた袋澗もあるが、崩壊が進行し掲載の写真とは別物というほど無残な姿に変わっている。袋澗はその形状からハコ系、ハサミ系(八の字型)、複合系、切澗系などがあり、石積み堤や石垣の積み方も地方によって違いがあると云い、本州の護岸や築城技術を応用したものから身近にある自然石を利用したのまであった。島牧村には保存状態の比較的良好な袋澗が多く残るが、これは沖に張り出した広い波蝕棚を掘削した切澗が多く、元々波浪に強い条件が袋間の耐久性に有利な働いたものか。島牧の海岸線は防潮堤が高く車で走行しながら袋澗を探すのは難しく、GoogleMapの航空写真などで袋澗を確認して現地にいくのが良さそう。函館には鰯漁の袋澗遺構があります。

袋澗記念碑せたな町地図へ

旧袋澗記念碑・せたな町開基百年史より 神恵内の漁業家澤口庄助氏が江戸末期に岩礁を削って人工の入り江を作ったのが鰊漁袋澗の原型のようですが、本格的な袋澗建造は明治32年に始まり美谷中心に発達したという。鰊の北上を追って袋澗も各地に広がり終着地は礼文島で、その始発地と思われる元浦に袋澗記念碑がある。碑文には『創業者新保幸吉は新潟県より渡道し漁業に□□したが明治32年、当時の技術では容易ならざる難工事を克服し鰊袋澗を完成し漁業繁栄の基礎を確立した。2代目一太郎はこれを記念して昭和10年記念碑を建立したが□雪の為破損いちぢるしく瀬棚町開基百年を迎えるにあたり先人の功績を偲び再建することにした。昭和55年 医学博士 新保幸太郎』開基百年記念 瀬棚町史年表には大正6年建立と書かれ旧袋澗記念碑の写真が掲載されている。かつて前浜一帯は袋澗だったというが、今は僅かに痕跡をみるのみ、袋澗は北海道独自の構造物です。再建された袋澗記念碑はヤマヨ斉藤漁業 直売店駐車場の奥山側にある。◇所在地:せたな町瀬棚区元浦

北島歌の袋澗せたな町地図へ

北島歌の袋澗船倉ノ袋澗から南に約50m程の距離で船揚場として利用されているハコ型の切澗と小さな切澗を伴っている。周囲の波蝕棚には穴が複数あり木柱をを立るのに使われている。石垣は見えませんがかつて存在したようで床掘りが袋澗を囲っています。切澗そのものは綺麗で堆積物も殆どない。島歌郵便局の北約100m付近にも方形の切澗で北西隅から南西方向に水路を伸ばした袋澗がある。石垣はわずかに残っているだけ、其れ以外は原型が保たれている印象です。◇せたな町瀬棚区北島歌

船倉ノ袋澗せたな町地図へ

船倉ノ袋澗前回の訪問時は雨と強風で散々だったが今回は天候に恵まれた。「北海道文化資源データーベース」では瀬棚町には大正時代に作られた石造袋澗の遺構2基が残っていて蒲鉾型、長さ20m、高さ1.5m、2列遺構、袋澗建設は1899年に始まり美谷中心に発達したとあり、其の写真と比べると崩壊は更に進んでいるが(特に南側の堤)比較的まとまって残っていた袋澗跡でした。二つの切澗が隣接、北側の袋澗は方形の切澗のみ、南側の袋澗は石垣に囲まれている。北側の堤天端に石造係留柱2本、内側壁面には綱を繋ぎとめるような穴のある突起があるが、これは他では見られない構造のようです。場所は「民宿はたの」に近い海岸で小さな船着き場のすぐ側、横間トンネル南側坑口から南に約450m程の距離です。◇所在地:瀬棚町瀬棚区北島歌

軽臼港北の袋澗島牧村MAP

軽臼港北の袋澗島牧村の防潮堤は高くて車からは海側が全く見えず、事前にGoogleMapの航空写真などで狙いを付けて探すしか有りません。歌島地区や栄磯地区などには保存状態のよい袋澗が多いようですが、石垣も含めると軽臼漁港の北側にある袋澗が良さそうです。袋澗の北側は広大な波蝕棚になっており波浪には強そうで、それが石垣の残っている理由かもしれません。四角い切澗とそれを囲む堤が半分以上手付かずで残っています。堤のすぐ内側に人1人がなんとか歩ける幅の地山を残し、更に内側に切澗があります。切澗から西向きに水路が延び外海につながっている。袋澗内は埋まって浅くなっている。◇所在地:島牧村字豊浜

港地区の袋澗島牧村地図へ

港地区の袋澗厚瀬漁港と本牧岬との間をGoogleMapの航空写真で見ると、岬の基部と中間付近の船着き場際、厚瀬漁港から100m付近に切澗と思われるのが3ヶ所ある。船揚場の方は改変が有り本来の水路方向は?だがハコ型の袋澗、漁港に近いのは正方形の澗で入り口に溝石があるが、どちらにも石垣はないので袋澗とは気がつかないかもしれません。袋間としての重厚感はあまりないですが、沖に張り出した洗濯岩のように規則的な亀裂が走る波蝕棚の中にあって、絵になるという事では筆頭の袋澗かもしれません。袋澗というと普通は石垣風の波除けを連想するが、島牧では掘り込んだだけというシンプルな袋澗が見られるのは他とは少し違うかもしれない。◇所在地:島牧村字港

鮫取澗の袋澗寿都町MAP

鮫取澗の袋澗寿都町の袋澗で自然な状態で残されているのが鮫取澗の袋間跡、かなり崩壊は進んでいるも原型全体の姿がリアルに想像できるという点では、瀬棚の船倉ノ袋澗と並んで貴重な遺構の一つと云えそうです。陸と3本の石垣に囲まれた箱型の袋澗で、北東の辺は細長いコの字形という変わった構造です。石積みの石は自然石から加工した石まであり、積み方も色々な積み方が併存しています。鮫取澗バス停の東側で美谷漁港から北東に約450m程。◇所在地:寿都町磯谷町鮫取澗

磯谷の袋澗寿都町地図へ

磯谷の袋澗磯谷運上屋跡碑のある横間漁港の東方に位置し、漁港の入口からも見えている。澗内は礫で浅くなっていますが残った堤で袋澗の形が分かります。北西の堤は高さは不明、他の堤は根石しか残っていません。西隅に開口部があり溝石が残っている。袋澗の形がわかるということで遺構としては良い方に入るのかもしれません。横間漁港みられる気軽さで掲載しましたが標本的な遺構ではないようです。◇所在地:寿都町字磯谷町

美谷(ピヤ)漁港寿都町MAP

美谷漁港美谷(ぴや)漁港は石垣が多く残り袋澗本来の形をよく留め、北東が開口した四角い袋澗で2つの澗があり、澗の外は北から西にかけては波蝕棚が広がっている。漁港化されると改修工事で袋澗の痕跡を留めない事もあるが、美谷漁港の場合は小漁港として改修が殆どされず、補修や補強程度で漁港として使われてきたのが幸いしたようです。保存状態の良さと云うことでは鴛泊の袋澗と双璧という印象です。新港が出来て今はあまり使われていないとの事。 ◇所在地:寿都町美谷 美谷漁港  ◇N42°49’41.99” E140°18’23.99”

尻別岬袋澗蘭越町地図へ

尻別岬袋澗蘭越町というと内陸のイメージがあるが、その蘭越にも袋澗がありました。鮎の遡上する尻別川の河口左岸にある尻別岬に位置しています。波蝕棚に四角い切澗と沖に続く水路があり、袋澗から北西に伸び西の外海に抜けています。周囲の波蝕棚には柱の跡が沢山あるようです。波かぶりの平板(波蝕棚)なので、干潮時以外は明瞭に見えないかも、行くなら干潮時に。◇所在地:蘭越町港町

鳴神の袋澗岩内町地図へ

鳴神の袋澗国道229号鳴神トンネルの前浜に袋澗が2ヶ所有る。手前の袋澗は石垣が無く、高さ1~2m程の岩をくり貫いた袋澗でやや浅くなっているもまだ十分な深さがある。開口部は北東側で南西側は人が立てるような平坦部分がある。奥側の袋間も石垣が無いのは同じだが石垣の護岸が残っている。袋澗の開口部は北西側で自然の湾のような形なので予備情報が無ければ気付かないかも。 ◇所在地:岩内町字敷島内

敷島内漁港岩内町地図へ

敷島内漁港岩内から蘭越方面へ進むと鳴神トンネルの手前に小さな敷島内漁港がある。元々は袋澗だったようですが漁港化された事が幸いしてか西側の堤は石垣が天端まで残っているが突端はコンクリートで補強されている。袋澗本体の堤とは独立した離岸堤の石積みがあるが、それを覆うように外側からテトラが積まれている。北側の堤はコンクリートだが岸に護岸のように見える石積みがみられる。 ◇所在地:岩内町字敷島内

葛間ノ袋澗泊村地図へ

葛間ノ袋澗国道229号線の崖下にあり見落としがちだが、上から見ると綺麗にカーブを描いた石積堤か伸びているのが見える。干潮時には棚盤上に開削して水路がみえ海岸に降りると切澗などや支柱跡なども残っているとのこと。セイコーマート泊付近から下る道がありそうだが・・・◇所在地:泊村大字堀株村

照岸海岸袋澗群泊村地図へ

照岸海岸袋澗群後志十景レストランワンツーの崖下に2つの袋澗が並んで広がっているが、左側の出張(小岬)りが有って見えないが裏側にも2つの袋澗がある。2つの袋澗は大型の遺構でかなり広く切澗は少し礫が堆積しているようだが、周辺を含めて手が加わった形跡も無くそのまま残っているのは珍しい。浜辺には建物の基礎となった跡も点在しいる。高台のレストランはソーラン節の碑が有ると云うが?撮影のスポットとしても良さそうでした。◇所在地:泊村大字泊村字照岸106

凵形切澗の個性派泊村地図へ

凵形切澗の個性派照岸海岸袋澗群に近い袋澗跡で他では見ない「凵」形の切澗をもつ袋澗、石垣は最下段以外は殆ど崩壊しているが残された部分は構造的に耐久性は有りそうな感じ。高台から見ると特徴的な形がよくわかるが、掘込水路の先端部はコンクリートで封鎖されている。◇所在地:泊村大字泊村

吉田ノ袋澗泊村地図へ

吉田ノ袋澗もともと自然の形を利用した間知石2段だけの石垣だったようですが、石積み部分は崩れ1段だけになって全体的に残っている。澗内は一部が礫で埋まりかなり浅くなっている。新しい兜トンネルの神恵内側で坑口から2番目の袋澗、パーキングがありその海岸にある。◇所在地:泊村大字盃村

弁天島遊歩道泊村

遊歩道いわゆる観光地でつり場てもある弁天島の遊歩道ですが、島の廻り部分は袋澗の堤跡をコンクリートで埋め立て遊歩道化したもの。遊歩道が石積みにも見えるが、袋澗の石積みとは石の文様とサイズが異なるようですが水面下には根石など袋澗の痕跡が残っている。◇所在地:泊村大字興志内村字茂岩

木下の袋澗神恵内村地図へ

木下の袋澗竜神岬下の小湾にある典型的なハサミ系の構造で縦横20mという。北海道遺産データーベースにある写真は現役だった頃に撮影された物らしいが左右の堤共に石垣の最上段は崩壊し部分的には其の下の段と天端を書いた状態で悲惨な状況となっている。それでも残されて居る袋澗の遺構としては良い方ですが、道遺産認定され堤体、澗内の保存状態は最高で世界遺産クラスという話も今は幻。国道からは見られず歩かなければならない。◇所在地:神恵内村大字神恵内村

澤口ノ袋澗とキス熊神恵内村地図へ

澤口ノ袋澗とキス熊奇岩のキス熊があり数ある袋澗遺構のなかで一番目立つ存在かも、その手前に説明板が立っている。説明板によると古宇場所請負人の雇い人だった沢口庄助氏が独立し漁場を経営(古宇場所の下請け?)した。既に安政5年には鰊建網を経営しこの袋澗(初めは岩場を切り抜いた簡単な構造だった)に水揚げしていたという。後にこの袋澗が道内最大となり、建造費も積丹では最大とされ相当な広さがある。そのなかで保存状態の良いのはキス熊のある船揚場で、他は堤が崩壊し一番下の石垣しか残っていず、波よけテトラの陰になって道路からは見えないが袋澗跡というのはよくわかります。◇所在地:神恵内村大字神恵内村

出町ノ袋澗神恵内村地図へ

出町ノ袋澗積丹3大網元であった出町初太郎が明治末の建設した規模の大きな袋澗で建設費は澤口ノ袋澗に次ついで3万という、今の貨幣価値では3億くらいか・・・網元というのは成功すれば凄いが中には借金で銀行に袋澗を取り上げられたのも多いようです。大正から昭和前期の鰊水揚げは泊と神恵内で道内全体の6割以上というからその繁栄ぶりがわかります。波をまともに受ける石垣は崩壊している部分もあるが、保存状態はよく単独の袋澗としては道内で1番大きいかもしれない。目印になるのはバス停「出町荘前」付近。◇所在地:神恵内村赤石

マッカ岬の袋澗神恵内村地図へ

珊内港南の袋澗珊内漁港より南方、旧道沿いでマッカ岬付近に位置する袋澗で、岩場の地形を利用した堅固な印象の袋澗で完全に放置されているが、その割には石垣が残っているも袋澗という感じには見えないので気付かないかもしれません。釣りには良さそうなふんいきですが投げ釣りでは根掛かり必死とか。◇所在地:神恵内村大字珊内村

沖の島の袋澗神恵内村地図へ

沖の島の袋澗約4.000m2の小島「沖の島」にある袋澗で、島を掘削して港口を陸側に向け沖からの波よけに利用した希有なタイプの袋澗で、波浪への耐性はかなり強そうに見えるが、一見して袋澗とは気付かないかも。堤はコンクリート製なので袋澗としては遅くに建造されたものかもしれません。 ◇所在地:神恵内村珊内村オブカルイシ

幌武意の袋澗積丹町地図へ

幌武意の袋澗元々は間知練積の堤が有ったようですが、波浪の影響をもろに受けそうな地形で堤は完全に無くなっている。ただ岩盤を掘削した切澗はかなり目立つ存在で、周囲の岩に柱を建てた穴跡があり見慣れていれば袋澗と容易でわかるが、護岸より降り口が近くにない。◇所在地:積丹町大字幌武意町

厚苫岬前の袋澗美国町地図へ

厚苫岬前の袋澗船揚場として利用されているが、少し離れて改修された様子のない石垣の堤が現存、堤の先端ほど波浪と経時変化で崩落が進行している。一本防波堤だったのかもう一本の堤が有ったのか見た感じではよくわからない。護岸のような石垣ものこっている。石垣の構造はほぼ統一されている。 ◇所在地:美国町大字厚苫村

種田ノ袋澗余市町地図へ

種田ノ袋澗以前は砂浜が少なかったようですが漁港の防波堤延長で海流が変わったのか砂浜が増えて袋澗はかなり埋まり、堤も崩壊が進行している。それでも一目で袋澗とわかる標本的な袋澗といえそうです。現存する石垣は積み方が入り乱れており修築を繰り返したようです。◇所在地:余市町豊浜町

鴛泊の袋澗利尻富士町地図へ

鴛泊の袋澗柳谷袋澗、泉の澗、なまこ岩、泉のナマコなど異称をもつ大正年代建造という大型の袋澗で手鍵状の堤は総延長約67m、高さは根本部分で3m以上、先端部が1.5mという。保存状態は寿都町の美谷漁港と双璧、現役という点でも同じだが迫力は文句なしにこちらに軍配があがる。材料の石材は利尻産のものを使用したとされ約30㎝四方の間知石を3~7段積みと他ではあまりない高さ、石積みは間知石練積工法が採用され継ぎ目が白く見えるのが綺麗です。セイコーマート利尻の裏側にあたります。◇所在地:利尻富士町鴛泊

仙法志御崎公園利尻島

仙法志御崎公園利尻島では観光コースでアザラシもいる御崎公園で気軽に訪問できると思います。この公園は元々は袋澗だった所を公園化したもので、港湾のような改変とは違い随所に袋澗の名残がみられ、建物周囲にも石積みがあって目立ちますが見慣れてないと袋澗跡と気付かないかもしれません。ここから見える利尻山もいい。礼文町にも袋澗が1ヶ所現存している。◇所在地:利尻町仙法志

※ 袋澗の呼称について

袋澗見聞で参考にした「積丹半島の袋澗」という北海道文化財研究所が昭和62年に発行した調査報告書では「袋澗」に反時計回りにS1から順番にS99迄番号が振られていますが、当サイトでは袋澗に固有名がある場合は固有名、無い場合は経営者もしくは地域名を管理人の独断と気まぐれで付しています。遺構が明瞭に残っている場合はGoogleMapの航空写真(泊村と岩内町を除く)で確認出来る所もあります。ここで紹介しているのは保存状態が相対的に良い袋澗だけとしましたが礼文と奥尻は未確認、利尻以外では保存が配慮されている袋澗はありません。掲載の画像はパブリックドメインの写真を含み、転載元は「日記的ななにか」の「積丹1周袋澗旅」で有ることを申し添えておきます。袋澗の詳しい情報を知りたい方にはお勧めです。

日本海ニシン街道 袋澗巡りミニギャラリー

船倉ノ袋澗2  船倉ノ袋澗3 船倉ノ袋澗4  美谷漁港2  鮫取澗の袋澗2 鰊番屋の神

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る 

北海道・番外編

駅逓(記念碑)を巡る旅

お勧めリンク

rss10 rss20
アウトドア市場
ムラウチ
まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1