カウンター

にしん街道を巡る旅
日本海オロロンラインのにしん街道碑と番屋‼

オロロンラインのにしん街道碑

オロロンラインは石狩市から稚内市までを結ぶ海岸沿いの国道沿線の通称で、共通しているのはにしん漁で発展してきたという歴史を共有していることでしょう。現存する最北のにしん番屋は小平町まで、それより北には番屋こそないがにしん漁で一喜一憂した時代がありました。

弁天歴史公園 運上屋棟MAP

弁天歴史公園 運上屋棟かつて横町の辺りにあったという石狩場所元小屋(運上屋)を、旧ヨイチ運上屋を参考に下見板張りの壁と石置き柾葺き屋根の建物として現代風に縮小・再現し、観光案内所(観光協会事務所)となっています。元小屋とは石狩川および支流に設置されたイシカリ十三場所の元締めである事から、元小屋と呼ばれていたが普通は運上屋(会所)と称した。明治の初めは石狩本陣とも称していましたが、場所請負制廃止でその役目を終えます。石狩場所請負人であった村山家は屋号を「阿部屋」といい、最盛期は三代目伝兵衛の頃で東蝦夷地11場所、西蝦夷地7場所を請け負っていた。1706(宝永3)年に宗谷、留萌場所のほか石狩場所を請負、1806(文化12)には石狩十三場所を請負うが、6代目伝兵衛の時に場所請負制度が廃止され一漁場の経営者となる。石狩場所は基本的にはニシン場でないが、他の請負場所にはニシン場が有るので掲載した。 ◇所在地:石狩市弁天町38 弁天歴史通り ◇N43°14’52.72” E141°21’12.90”

にしん街道 石狩市厚田区MAP

にしん街道標柱・石狩市厚田説明板より転載しました
「あつた」の地名は、歴史を遡ると松前藩の「新御国絵図」(寛文元年1661年)に見ることができます。また、天保11(1840)年以降は増毛、天塩、宗谷方面に和人の出稼ぎが許可されるようになりましたが、それまでは厚田場所が西蝦夷地の北限でした。「にしん」の北上とともに松前、江差方面の漁夫も北上し、松浦武四郎の「西蝦夷日誌」(嘉永三年 1850年)オショロコツ(押琴)の項によれば、訪れる和人は1万人もいたとされています。押琴の泊は、弁財船(千石船)が三十隻も停泊できる良港で運上屋も建てられ、古潭、押琴一帯は大変な賑わいを見せたといわれています。「にしん」は魚偏に非ずという字を書き、米の取れない蝦夷地では米(と同様の価値)であるという意味で、単位も米と同じ石が用いられたといいます。厚田が再び「にしん」で群来ることを願い、往時の繁栄と記憶を後世に引継ぐとともに、新たな観光ルートとして確立し、地位の活性化につなげるため、この「にしん街道」標柱を設置します。 ◇設置月:平成20年7月吉日 ◇設置者:社団法人石狩観光協会 ◇所在地:石狩市厚田区厚田12番地4・夕日の丘駐車場横 ◇N43°24’18,89” E141°25’85.93”

豊魚記念碑MAP

豊魚記念碑明治24(1891)年に建立された碑で、碑文は風化で判読困難だが一部を転載『明治廿四年ノ鰊漁期タルヤ風伯暴威ヲ震ハズ海神怒ヲ發セズ為?ニ漁夫??ノ念ナク楽シテ海上ニ其業ヲ執ルヲ得 一名ノ災害ナキノミナラズ本郡開闢以来未曾有ナル五萬石餘ノ捕獲ヲ得タルハ偏ニ天資神護ノ為ス処ニシテ漁業者? 者誰カ其神恩ノ廣大ナルヲ感戴セザルモノアランヤ』簡単に言うと明治24年は風神が暴威を振るわず海神は怒らず海が穏やかで村始まって以来の五万石(375百屯)の漁獲量が有った。是をの記念して建立されたのが豊魚記念碑、今の貨幣価値に換算すると約375億円という漁獲量になる。幕末から明治初めはコタンが厚田の中心地はコタンだったが、明治24年当時は厚田に移っていたようです。◇所在地:石狩市厚田区厚田

濃昼(ゴキビル)の旧鰊番屋MAP

濃昼の旧鰊番屋明治33年に建てられた築115年の旧木村家ニシン鰊番屋、以前は「濃昼茶屋」という料亭として活用されていたそうで、内部は一部改装されているようですが、今は誰も住んでいません。外観は他の鰊番屋とは趣がかなり違う印象、いまは建物の再利用を検討されているようです。番屋は1度放火された事があり、地元の方は人が住んでないので放火などによる火災を心配していた。 ◇所在地:石狩市浜益区濃昼 ◇N43°28’71” E141°23’47”

にしん街道 石狩市浜益区MAP

にしん街道標柱・石狩市浜益区説明板より転載しました
『浜益はアイヌ語で「ヘロカイリシ」(鰊が沢山獲れる所の意)と呼ばれていたほど、古来から「にしん」の漁場として知られていました。江戸時代後半には「にしん」のシメカスが関西方面に運ばれ、木綿や菜種の栽培を支えました。明治から大正時代は、浜益の「にしん漁業」の最盛期で、道内屈指の漁場として建網は454を数えました。しかし昭和30年を最後に「にしん」は突然姿を消し、当時の「にしん番屋」が「はまます郷土資料館」としてその名残をとどめているのみです。近年、浜益をはじめ石狩湾沿岸では「にしん稚魚放流事業」が行われており、資源の回復に期待がかかります。浜益が再び「にしん」で群来ることを願い、往時の繁栄と記憶を後世に引継ぐとともに、新たな観光ルートとして確立し、地域の活性化につなげるため、この「にしん街道」標柱を設置します』平成20年設置。浜益と濃昼に旧鰊番屋がありますが、活用されていいるのは旧白鳥家番屋だけで濃昼(ゴキビル)の旧木村家ニシン鰊番屋は利用方法を探っているようです。同じ公園にある浜益100年記念碑は昭和46年の建立。 ◇所在地:石狩市浜益区浜益630番地1 浜益中央公園内 ◇N43°35’99.67” E141°23’03,55”

はまます郷土資料館(旧白鳥家鰊番屋)MAP

旧白鳥家鰊番屋郷土資料館の建物は、元白鳥家が経営していた鰊建網漁場の番屋で、明治32年に建てられたもの。鰊漁の歴史とともに歩んだ番屋も、昭和30年以降の鰊漁衰退によって放置され、崩壊寸前にあったのを浜益村の開村百年の記念事業として昭和46年に番屋を修復・復元し浜益村郷土資料館として再生。水産庁の『未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選』に選ばれている。一般公開されていいますが冬期は休館。◇所在地:石狩市浜益区浜益 ◇N43°36’44.71” E141°22’27.18”

にしん街道 増毛町MAP

にしん街道標柱・増毛町説明板より転載
『増毛町の「にしん漁」の始まりは宝永3(1706)年、松前藩 下国氏がマシケ領を知行していた頃とされています。江戸中期(1750年頃)松前の商人村山伝兵衛がマシケ場所を請け負っていた頃には、松前地方に於ける「にしん漁」が不漁となり、石狩場所までの漁場が許され、この頃の「にしん」は身欠き鰊や数の子として食用に供されてはいたものの僅かで(農業?)への肥料として主に使用され、内地からの需要も増しつつあったため、〆粕・肥料として生産されていました。安政年間(1854~1860)では極端な不魚が続いたためにしんを求めて北上が続き、明治に入り「にしん漁」も増毛、留萌、天売などに漁場の中心が移ってきました。また、漁業技術も刺し網から□□(角網)へ、船も□船から大型船へと改良され「にしん漁」も飛躍的に発展しました。往時の資料から大正中期~昭和20年代にかけて増毛の「にしん」漁獲高は全国一位を誇っていましたが、昭和28年を境に「にしん」漁獲高が激減し、昭和33年を最後に増毛の「にしん漁」の隆盛も終焉を迎えました。この標柱は「にしん」で栄えた日本海沿岸地域が歴史と伝統を後世に引き継ぎ、地域の活性化に繋げる証してして設置したものであります。』 ◇設置月:平成23年9月吉日 ◇設置者:増毛町・増毛町観光協会 ◇所在地:増毛町別苅1 台場跡  ◇N43°51’15.83” E141°30’35.87”

旧商家丸一本間家MAP

旧商家丸一本間家呉服商に始まり鰊漁の網元、海運業、酒造業を営んでいた旧商家丸一本間家だ。かつてこの地に丸一本間家が雑貨店を経営していたが1880年に火災で焼失。しかし呉服店舗、雑貨店舗、酒造蔵、居宅倉庫などを次々と建築し、1920年には現在の姿となった。その建築様式は切妻瓦葺きに軟石張りで屋根瓦の一枚一枚には家紋が彫り込まれ壁面や門柱には洋風の装飾が施されるなど、和風の伝統様式に洋風の技術や意匠を取り入れた建物となっており、2003年には国の重要文化財にも指定された。増毛町では1997年にこの建物を増毛町文化財と指定し建物を復元、2000年からは建物内部を一般公開している。木骨石造りの呉服店舗と呉服蔵があり、その間の玄関を入ると、軟石を敷き詰めた通り庭の奧にコの字型で天井の高い木造平屋建ての居宅と木造一部三階建ての付属家など計5棟あり、590平方m2の広大な床面積の建物内部を見学できる。 ◇所在地:増毛町弁天町1丁目27

国稀酒造のニシン船MAP

国稀酒造のニシン船町中にある日本最北の酒蔵で増毛でニシン漁に働くヤン衆の為に1882年から、増毛で酒造りを始め今に至る。酒蔵は見学可能でいくつも並んだ巨大な貯蔵タンクや重厚な扉の石倉でできた資料室には酒造りに使用していた道具や酒器、そしてこれまで販売されたお酒の各種が展示され、試飲コーナーでは全種類のお酒を試飲できるが、ここでは明治から大正、昭和の初期にかけてニシンの千石場所として栄えた当時に使用された2艘のニシン船が保存、展示されている。此所ではニシン魚の仕組みを模型で併せて展示しているので、ニシン魚の様子がよくわかる。 ◇所在地:増毛町野塚町・問い合わせは国稀酒造迄

増毛運上屋跡第一次増毛駅逓MAP

増毛運上屋跡松前藩の商人、村山伝兵衛が松前藩より1751(宝暦元)年に増毛場所を請負、増毛に出張番屋を設け、1840(天保11)年以降は増毛、天塩、宗谷方面に和人の出稼ぎが許可されるようになり、その頃から和人が定着が増えていったようです。出稼ぎは蝦夷地を代表するニシン番屋で増毛も「ニシン場」として栄えてきた町のひとつ。比較的古い歴史的建造物が多くその中心にあったのが「運上屋(宝暦5年開設、明治4年廃止)」でした。増毛運上屋跡を示す遺構はありませんが、港町市場の建物の前(遠藤水産)に史跡標柱があります。場所請負制の廃止にともない運上屋は廃止され、明治政府に引き継がれた時の場所請負人は伊達林右衛門でした。 ◇所在地:増毛町港町4-26 ◇N43°51’35” E141°31’71”

にしん街道 留萌市MAP

にしん街道標柱・留萌市説明板より転載
『ここ留萌は「にしん漁」で栄えた北海道日本海沿岸の町です。江戸時代の天保11(1840)年に当地への出稼ぎが解禁されると漁獲量も飛躍的に増加し、明治30年頃には全盛期を迎え、それ以降昭和30年まで百年以上の長きにわたって繰り返された「にしん漁」は留萌とは切っても切れない縁で結ばれることになりました。北海道の日本海沿岸各地で行われた「にしん漁」は、江戸時代から日本の経済を支えた主要な産業ですが、往時の栄華を偲ばせる原風景は歳月と共に失われつつあります。かつて「にしん漁」が行われていた各地を結び「にしん街道」とすることで、先人が作り上げた「にしん文化」を後世へと伝えるため、この標柱を設置したものです。』 ◇設置者:北海道留萌市礼受町 ◇所在地:留萌市礼受町 ◇史跡:佐賀番屋敷地内 ◇N43°54’50.47” E141°37’03.11”

史跡 佐賀番屋MAP

史跡 佐賀番屋往時のニシン漁場景観がそのまま残されたにしん番屋で国指定史跡。ここで使用された漁撈具も多数保存され、そのうち3745点が重要有形民族文化財にも指定されています。漁獲から加工まで行っていた「ニシン漁場」の外観が見られる。※番屋内部は非公開・外観のみの見学となるが敷地内に駐車スペースは数台分あり。建物の豪華さや規模は余市の福原漁場に及ばないようだが、敷地の広大さに関しては佐賀番屋の方が圧倒しているようにみえました。◇所在地:留萌市礼受

にしん街道を巡る旅・日本海オロロンライン-ミニギャラリー

古平漁霊費碑文 濃昼の旧鰊番屋02 にしん街道説明板・石狩市厚田区 厚田神社・豊魚記念碑 にしん街道・石狩市浜益区 にしん街道説明板・石狩市浜益区 旧白鳥家鰊番屋02 にしん街道・増毛町 旧商家丸一本間家02 にしん街道説明板・留萌市 史跡 佐賀番屋02 史跡 佐賀番屋03 にしん街道説明板・小平町 小平道の駅・にしん歴史公園 にしん街道説明板・苫前町 利尻御崎公園 準備中01 準備中02

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

北海道・番外編

駅逓(記念碑)を巡る旅

お勧めリンク

rss10 rss20
ムラウチ
まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1