松浦武四郎の碑を巡る旅
松浦武四郎の記念碑と武四郎の評価について‼

松浦武四郎の記念碑

幕末の探検家で膨大な旅日誌を残し、北海道では出身地の三重県よりも有名人かもしれない。北海道では松浦武四郎が残した功績を称えた記念碑等が北海道内各地に建立されています。当サイトでは北海道に有る松浦武四郎の碑(関連碑や関連施設を含む)を紹介しています。

松浦武四郎の記念碑には

【1】蝦夷地調査時の通過地、調査時の宿泊地を示すだけの碑や標柱というタイプ。

【2】説明は有るが北海道の開拓に貢献した側面だけ評価している碑や像のタイプ。

【3】先住民族であるアイヌの苦難の歴史にも配慮した説明板、碑や像のタイプ

松浦武四郎の碑は3タイプに分けることが出来るが、早くに建立されたのは【1と2】のタイプが多い。【3】のタイプは先住民族の権利に関する世論の高揚や、松浦武四郎の丁巳日誌(丁巳東西蝦夷山川取調日誌)、戊午日誌(戊午東西蝦夷山川取調日誌)が昭和年代後半になって一般の目に触れるようになり、松浦武四郎に対する評価が変わった事が大きいと思われる。また武四郎がアイヌに対する非道な扱いを告発していた「オホーツク海岸と根室半島」には碑が少ないのも気になるが、一般向けの日誌が未刊(既刊の西蝦夷日誌続編でオホーツク部分は武四郎蝦夷地紀行として昭和63年に初めて出版された)であった事と関係あるかもしれない。そんな部分にも注目しながら武四郎の碑を巡ると北海道の別な歴史が見えてくるかも。歌碑の殆どは東西蝦夷日誌、石狩日誌、天塩日誌、十勝日誌、夕張日誌、納沙布日誌、知床日誌等からで、早くに建立された碑などの説明は是によっていることもある。設立年代にもよるが出来るだけ丁巳日誌や戊午日誌から引用して補足をする様に配慮した。また関連碑として武四郎とつながりのある碑や史跡、松浦武四郎の日誌類が引用されている碑、日誌類に記載があり現存している寺社仏閣等で特に気になったのも掲載、松浦武四郎の宿泊宿にもなった運上屋(会所)は北海道の宿駅(駅逓)と重複しますが内容を少し変更し明治以降は省略しました。

幕末の探検家 松浦武四郎 その1

幕末の探検家 松浦武四郎爺は1818年、伊勢国須川村(現在の三重県松坂)出身。三重県の三大偉人の一人(松尾芭蕉・本居宣長)とも言われているが、彼ら程には知られていない(管理人の見解だが)。日本の歴史の中で探検家と呼ばれる人はそれ程多くは無いが、中でも松浦武四郎ほど広範囲に歩き、数多くの貴重な記録(国宝に値するとも)を残した探検家はいない。幕末には間宮林蔵をはじめ多くの和人が蝦夷の見聞録を残しているが、通過者としてアイヌ民族を眺め生活様式や風俗等を記録、中には禽獣の類とまで書いたのもあり、真面な人間扱いをしていなかったようだ。彼らが蝦夷地を眺めているだけならば問題は無かったが、統治するとなれば話は別で、行きつく先は教化という大義名分によってアイヌ文化と伝統を抹殺、それは同時にアイヌ苦難の歴史でもあった。松浦武四郎は蝦夷の利権を牛耳る商人達によってもたらされたアイヌの惨状を直視し、和人の犯した非道な行為とその元凶をアイヌの目線から告発し改善を時の政権に求めた唯一の人である。だがその願いも虚しくアイヌ民族に対する抑圧と迫害、収奪は日本が敗戦するまで続いていく。戦後でも就職や結婚などに対する民族差別は長く生残り、最近では札幌市議会議員による「アイヌ民族なんてもういない」発言があるなど、民族差別は今も続いている。

幕末の探検家 松浦武四郎 その2

松浦武四郎の日誌を読んでいて気付く事は、最初に出版された蝦夷日誌は今までの探検家と同じ様に地理や特産物、アイヌ語地名や北方の警備に関するなど、蝦夷地を知るためのルポルタージュの形式で松前藩や商人達にとって都合の悪い事にはそれほど踏み込んでいない。この期間は武四郎がアイヌ語の習得に励んでいた時といえそうです。それが廻浦日記の後半から丁巳日誌、戊午日誌では詳しく人別帳と実際の人別を徹底的に比較調査、アイヌ民族の置かれた惨状を細かく調べ、アイヌ民族の目線から請負商人の非道ぶりを徹底的に批判、かつて和人でこれほどまでに和人を批判した人物はいないと言わしめた。松浦武四郎がアイヌ民族と共に蝦夷地を踏査する中で自己変革を遂げていく軌跡と苦悩を数多くの記録から窺い知る事が出来るが、武四郎は皇国の臣民としてアイヌを和人と同列においたが、それ故に皇国の臣民としてアイヌの生活様式を和人と同じように改める教化が必要と云う事が正当化され、結果としてはアイヌ文化を否定するという矛盾を抱え込んでしまった。また徹底的に請負商人を批判をしても、その背後にいる幕閣への批判はなく幕府御雇役人としての限界も見え隠れする。それでも松浦武四郎は蝦夷の利権を牛耳る商人達によってもたらされたアイヌの惨状を直視し、和人の犯した非道な行為とその元凶を告発し改善を時の政権に求めた唯一の人である。運上屋での安い労働力の確保の為、労働可能なアイヌを半強制的に狩り出し、番人共の都合で夫は強制的に遠隔地へ追いやり、残った妻を奪って妾にしてしまう等、その横暴な振る舞いは若い娘達にも及び、一度狙われたら最後、諦めて従うか夜逃げする他なかった。彼らの生活基盤を根こそぎ奪い、更に家族を自分たちの都合でバラバラにしてしまう。この惨状を見て武四郎はこのままではアイヌ民族は遠からず滅んでしまうと心を痛め、彼らの不正と非道な行為を告発すると同時に改善策を進言、それに従い時の政権は番人や勤番人がアイヌを妾にする事を一切禁止とした。政権の蝦夷に対する基本的な考えは変わらずとも、武四郎の意見が部分的には実行され、個々の問題ではアイヌの苦境を数多く救っている。アイヌ語地名やアイヌ民族の近世史をみる上でも貴重な記録を残している。

松浦武四郎碑や説明板の一覧と位置情報

※松浦武四郎研究会作成資料を基に管理人が北海道内各地を探訪し作成しています。また今後の訪問を想定し、資料としてまとめたという意味もあり参考とするには心許ない情報。

☆印は松浦武四郎本人を顕彰した碑や、通過、宿営を示した記念碑や説明板。

★印は間接的に松浦武四郎が登場する記念碑や説明板、及び縁の人物碑・説明板など。松浦武四郎の特別展示するコーナーの有る施設等などを含めています。

◇碑や説明板等の位置情報は施設等は基本的に所在地住所です。山岳など特殊な場所にはGPSデーターを記載、ただしハンディーGPSやカメラ内蔵のGPSデータで参考値レベル。

※個別マップは地理院地図(電子国土)からグーグルマップに変更していますが、航空写真で確認不能な場所は電子国土を継続、新規作成の個別マップは全てグーグルマップで表示。石狩、天塩は水系別の一覧は従来のままで道央や道南の一覧マップはありません。※個別マップが有るので碑一覧データより不要と思われるGPSデータを削除しています。平成28年6月21日

松浦武四郎記念館

松浦武四郎は探検家でルポライター、心優しき自由な旅人でアウトドアの達人、そしてアイヌ民族にとっては対等に話の出来る良き和人で有った。 幕末の蝦夷地調査では膨大な著作を残し、それらは一級の資料として国の重要文化財に指定されている。松浦武四郎の生地である松阪市(旧三雲町)に、その功績を偲び、松浦家で代々大切に保存されて来た武四郎ゆかりの資料を展示する博物館がある。【三重県松阪市公式サイト

管理人の松浦武四郎に対する立場

管理人は松浦武四郎の熱烈なファンであります。松浦武四郎は当時としては希に見る人権感覚の持ち主ではあるが、アイヌを「皇国の臣民」という枠内でとらえており、それがのちに日本は単一民族国家であるという過ちを助長したように思えてならない。視点を変えてみるとアイヌ独自の文化を認め、アイヌの生活基盤を侵さないという松前藩の対アイヌ政策の方が理にはかなっていたのだが、松前藩の失政で財政再建を民間丸投げにした事がアイヌの生活基盤をことごとく破壊してしまう結果を招いた。加えて江戸幕府が松前藩のやり方を否定しアイヌ民族とアイヌ文化を未開、野蛮と決めつけ教化、介抱が必要とした事が大きな問題なのだと思う。その政策を引き継いだ明治以降の政権によりアイヌ民族と文化は否定されたのであって、大きな歴史の流れの中で見るなら松浦武四郎の志とは異なり、アイヌ民族と文化の衰退を加速しただけではないのかという疑念を払拭できないのだ。それでも彼がアイヌ民族唯一の擁護者で有ったという事実は極めて重たい。和人として唯一アイヌの目線から豪商達の不正を告発し、救済を政権に求め続けた武四郎の精一杯の誠意と行動は、同じ和人として誇りでも有り政権を見る時の戒めでもある。

マップリンクの変更と更新、リストのGPSデータを整理しました。
横走り pagetop  戻る  先へ

W3C準拠 RSS配信

正当なCSSです!

W3C準拠で作成しています

rss10 rss20

お勧めリンク

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-2