カウンター

☆ Googlewで検索 ☆reference


サイト内検索 Web検索

豊富町のフィッシングと釣り場案内‼

豊富町の釣り 稚咲内海岸

豊富町・稚咲内港

道央の小樽から道北の稚内までの日本海沿いに続くオロロンラインの途中にある稚咲内海岸は豊富町で海釣りが出来る唯一の場所でしょう。国道沿いにはハマナスやエゾかんぞうカンゾウなとの群落がある原生花園が見られ観賞用の木道なども整備されているので、花を目当てにここを訪れる方は多い。海水浴のシーズンは若咲内海岸<突然深くなるため遊泳禁止区域です>も地元の人で賑わうが、それ以外で多くの人が訪れるのは秋の鮭釣りのシーズンくらいでしょう。遠浅の海岸のため釣り場は漁港中心で西防波堤と北防波堤の先端付近からの釣りになる。春から初夏にかけてイシモチ、砂カレイ、ソウハチ等のカレイ類。7~8月になるとソイとハチガラなどが期待できる。砂浜からの投げ釣りは海底のえぐれて深くなっている所に正確にキャスト出来ないと成果を得るのは難しい。お盆を過ぎるといよいよ鮭釣りが始まり、ファーストランに当たれば大型の鮭が釣れる可能性が高いが、日本海を南下する魚群が岸近くを通過するかどうかにかかつているいえそうだ。回遊コースは水温や潮位で変わるので運次第の釣りになる。釣りが駄目でも天下の絶景が慰めてくれます。

豊富町の釣り エベコロベツ川

豊富町・エベコロベツ川

サロベツ川は有名なイトウ釣り場だったがもはや過去の話で河川のショートカットや水質の悪化に産卵場の環境破壊などで今や細々とその生命をつないでいる。従ってキャッチ&リリースが必要な釣り場なのは言うまでもない。サロベツ川でイトウ狙いならルアーでミディアムライトクラスの8フィート以上、パットの強い竿が向いている様だ。ラインはPEラインで重たい流を走るイトウと綱引きになることを考慮すると16ポンド前後と他の釣り場では考えられないようなヘビーなものになってしまう。この川に初めて入るには釣り場を熟知したガイドが必要かもしれない。それだけ危険な場所もあるしヒグマの対策も完全を期すことが必要だ。サロベツ川ではイトウがターゲットだったかエベコロベツ川は数は少ないが大型のニジマス狙いで面白い釣り場。豊富温泉を境に川は原始河川の雰囲気が残り上流域ではヤマメ釣りも出来るが多くは期待できない。下北沢川と本流と南沢が合流した少し下流にある北豊橋より下流が狙いの釣り場だが水量が多いときは渡渉も困難で釣りには難しいが水量が落ち着いたら狙ってみたい所だ。釣りの後はふれあいセンターで疲れを取ろう。

豊富町町の観光スポットとフィッシング・ミニギャラリー

豊富町・エベコロベツ川 豊富町・サロベツ川 豊富町・サロベツ川 豊富町・稚咲内海岸 準備中 準備中

☆更新情報など☆

レイアウトをレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

宗谷NAV

豊富町を巡る旅
礼文町を巡る旅
close
利尻町を巡る旅
利尻富士町を巡る旅
稚内市を巡る旅
close
猿払村を巡る旅
幌延町を巡る旅
浜頓別町を巡る旅
中頓別町を巡る旅
枝幸町を巡る旅
close
原生花園を巡る旅