カウンター

☆ Googlewで検索 ☆reference


サイト内検索 Web検索

ぐるっと巡る・小平町の史跡と自然景観スポット‼

松浦武四郎像と松浦武四郎歌碑

小平町・にしん文化歴史公園内松浦武四郎像道の駅『おびら鰊番屋』前のトワイライトアーチ右側に、小平町には4度訪れた幕末の探検家で北海道の名付け親、松浦武四郎翁の銅像が設置され、鰊漁場の賑わいを極めた往時の歴史を詩に残す。夕陽をイメージしたモニュメントに、武四郎翁が鬼鹿で詠んだ短歌『名にも似ずすがたやさしき女郎花なまめき立てるおにしかの里』と刻まれている。(西蝦夷日誌)◆小平町鬼鹿広富48 にしん文化歴史公園

天登雁村鬼鹿村発祥の地碑

小平町・天登雁村鬼鹿村発祥の地碑明治13年に現在の地に天登雁(テントカリ)村・鬼鹿村両村戸長役場が設置され、小平町開基100年を記念して昭和53年に記念碑を建立。天登雁村は現在の秀浦、鬼鹿は広富付近の事で現在の鬼鹿は温寧(オンネ)と言ったが後に鬼鹿となる。鬼鹿はアイヌ語の「オニウシカペツ」川下の森を流れる川?と、天登雁はアイヌ語の「テムウントカリ」海草の菅藻の有るこっちの川というが、この辺が自生の境目らしい。碑は番屋の沢川橋(現・広富)に有るが民家の板塀前にあり同系色で見落としやすい。民家後方の高台に弁天社跡を示す史跡標柱が建っている。◇小平町鬼鹿広富

臼谷弁財天碑

弁財天碑は小平町有形文化財で享保21年に村山傳兵衛がウシヤの弁天社に奉納したものか?施主の銘にある村山傳兵衛は能登の豪商で後に場所請負人となりアイヌ民族を酷使、蝦夷地では絶対的な権力をふるった。後に場所請負人の犯罪的な奴隷労働の実態を松浦武四郎は紀行文の中で激しく非難している。享保年間には西蝦夷地奥場所のルルモッペ場所のウシヤも和人商人の交易拠点が置かれていたことを示唆、蝦夷地が経済植民地となっていく過程を知る上でも貴重な資料と言えそうです。◇小平町字臼谷158-4 臼谷稲荷神社境内

三船遭難慰霊之碑

# 昭和20年8月の終戦直後、サハリンから小樽に向かう引揚げ船が北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた小笠原丸、第二新興丸、泰東丸の三船が旧ソ連軍潜水艦の攻撃を受け1.708名以上が犠牲となった事件。8月9日に対日参戦したソ連軍は、当時大日本帝国領の樺太に侵攻、ソ連軍の攻撃から避難させるため婦女子や老人を優先的に本土に送還させるため大泊港の小笠原丸、第二新興丸、泰東丸に分乗させ小樽に向かう途中に起きた。捜索は難航して、1974年から5回にわたり厚生省が海上自衛隊に依頼し、泰東丸の捜索をするも成果は無く捜索は断念された。1981年に地元の漁船が泰東丸らしい沈船を発見し、1982年と1983年の調査で、バッテリー、銃弾、茶碗などの泰東丸のものと思われる遺品が引き上げられた。留萌市、苫前町と小平町道の駅前に慰霊碑があり、郷土資料館に泰東丸の遺品が展示されている。直接の責任は旧ソ連軍に有るが、無謀な侵略戦争を続けた結果の悲劇で有りその責任も免れない。小平町字鬼鹿広富

たっぷりかん

小平町・たっぷりかん達布活性化センターに隣接する日帰りの温泉施設です。滝下地区で湧き出る単純硫黄冷鉱泉を利用、体験的に硫黄泉は運動性の筋肉痛には特に効果がある様だ。神経痛、関節痛、冷え性、糖尿病等に効果があるとの事。農作業やアウトドアで傷んだ身体のケアも兼ねて温泉を楽しもう。◆小平町滝下 電話 0164-56-9111 入浴料 大人700円

本郷公園

小平町・本郷公園観音寺境内小平市街から約5km、観音寺境内にある公園で春には200本を超える桜が咲き乱れ、静かな公園も沢山人が訪れる。公園にはベンチとブランコ以外は何もありませんが、観音寺は北海道お遍路八十八カ所霊場第13.14番札所があり巡礼者が訪れる。札所は115段の石段を登り詰め本郷の田園風景が一望できる山頂に有る。公園の入り口には観音寺の旗がなびいているのですぐわかるでしよう。◆小平町本郷195 TEL:0164-56-2272

おびらしべ湖

小平町・おびらしべ湖おびらしべ湖は小平ダムによってできた人造湖で、この湖に架かる「滝見大橋」は湖上橋としては全道一の長さを誇る。おびらしべ湖から道道742号線のルートと併せて紅葉の名所、ドライブルートとしてもお勧めできます。湖岸の滝見大橋の北側には駐車公園が有りクビナガリュウのモニュメントがあるが余り手入れはされていない。ダムサイト下にはおびらしべ湖ダム公園が有りこちらは綺麗に手入れされ、日本庭園風の池などが有る。その気になればキャンプも可能だが炊事用の施設は有りません。此所にもクビナガリュウのモニュメントがある。

化石ハンティング

恐竜の化石の発見で一躍有名になった小平蘂は、アンモナイトを始めとする化石の隠れた宝庫かも。化石を含む地層から出でいるノジュールは既に取り尽くされ今は春先の雪解けによる増水や台風後に流れ出したノジュールを探す事になります。何度か経験すると化石を含む岩石は何となく判るようになります。釣りに行かれた方は釣りの帰路には足下に気を付けてみましよう。

仙松見晴台

広域林道『豊浜線』沿い鬼鹿千松地区の道有林内にある見晴台で、鬼鹿市街から約6.9kmの距離。車で自由に行く事が出来きる見晴台。眼下に苫前町の風力発電群が広がり、天候が良ければ日本海、天売・焼尻島、利尻島が遠望できます。登突山の麓にミニグランドほどの小さな沼『登突沼』があり、水量は一年を通して一定に保たれ、小さな浮島の有る秘沼。富岡地区の道有林内にありゲ-トから約6kmあるため徒歩ではアプローチ困難です。

小平町の自然と景観スポット・ミニギャラリー

小平町・鬼鹿ツインビーチ1 小平町・鬼鹿ツインビーチ2 小平町・本郷公園入り口道路 小平町・本郷公園の観音寺 小平町・おびらしべ湖 小平町・おびらしべ湖駐車公園

☆更新情報など☆

レイアウトを変更してレスポンシブタイプにしました。

横走り pagetop  戻る  先へ

道北,道東・特集編

姉妹サイト

相互リンク

お勧めリンク

アウトドア市場

ムラウチ

楽天toolバー

まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1