カウンター

駅逓跡と記念碑を巡る旅
宗谷・留萌・石狩の旧駅逓所跡の碑を巡る旅‼

宗谷・留萌・石狩地方の駅逓碑

開拓使に引き継がれた運上屋(会所)はその殆どが海岸沿いにあったが、その絶対数からみると史跡指定は少なく遺稿も殆ど残されていない。また江戸期からの宿駅が継承された所も多いようですが詳細不明という事も多い。明治以降の駅逓碑は海岸では少なく内陸に入るほど多くなるという傾向は道南部を除けば共通した特徴です。宗谷地方に史跡として設置された駅逓碑は南宗谷に集中しているようですが、浜頓別町、中頓別町、猿払村に駅逓関連碑はなく豊富町には発祥の地碑があるのみ。また駅逓碑設置後に所在不明となってしまった碑も少なからずある。また漁場持ち廃止後の明治初期の駅逓は旧場所請負人関係者がほぼ独占する形になっているが、交通不便な辺地にての駅逓運営は彼ら抜きには困難だったということだろう。

杖苫内(チエトマナイ)駅逓跡の碑開拓記念碑 稚内市MAP

杖苫内(チエトマナイ)駅逓跡宗谷は貞享2年に松前藩が宗谷場所を開設したという古くから知られた地域、松浦武四郎が弘化3年、安政3年と5年にチエトマイ通行屋(漁場請負人藤野家設置か?)に宿泊しており、廻浦日記に地名の意味を「土人共食用に用ゆる白土(珪藻土)ある故に号る也」と記している。宗谷村は明治12年に戸長役場が設置されたが、その頃の東浦(杖苫内)は陸路の終着点で、その先は明治末期でも手つかずの状態で海浜を行くか船運を利用するしかなかった。明治9年に漁場持ち廃止でそれまで漁場持ちだった伊達林右衛門に手当を支給し宗谷、枝幸両郡の駅逓運営に当たらせたという。明治11年の北見国駅逓御手当金増減調に枝幸、猿払、チカフトムシには手当支給するが抜海とチエトマナイ止宿所は無給とあるが廃止年は詳細不明。杖苫内駅逓は宗谷拓殖要覧に明治26年開設、北海道宿駅制の研究では明治28年開駅とされているが杖苫内駅逓後の碑文では明治15年に開設とあった。江戸時代より有った止宿場との関連は不明だが、漁場持ちの付属止宿場が駅逓付属止宿場となったチエトマナイが廃止になって、村民が引き継いだのか新規開設したのかは不明たが、村営や民営の駅逓として継続され後に官設駅逓に昇格したというのが考えられるストリーかも、そういう意味では猿払も同様といえる。※今の稚内市街地に稚内駅逓所、今は無人となった宗谷村字峯岡に時前駅逓所、抜海には江戸期よりあった抜海駅逓所、今でも場所は何とか位置は確認出来る夕来駅逓所、更喜苫内には更喜苫内駅逓所があった。声問村字上声問にあった上声問駅逓所の取扱人は藤村八太郎氏で、いまの藤村牧場のようですが駅逓との関係は確認はしていません。◇設置:明治28年02月 ◇廃止:大正07年05月 ◇初代取扱人:伊達林右衛門? ◇現住所:稚内市宗谷村東浦 東浦会館前

稚咲内駅逓所跡豊富町の駅逓跡

○○ サロベツ原野から道道444号を日本海に向かい、道道106号(稚内天塩線)を稚内方面に右折、約200mの直進で「砂丘のえき」があり、その駐車場海側に以前は止宿所跡説明板があったが倒壊撤去され再建の話もない。稚咲内は稚内と天塩の中継地で、旅人の休息と給水の地として1840年代に止宿所が設けられ井戸も掘られたが、それ以前は水を天塩より馬で運んだと云う。明治以降も止宿場は継続されていた様で豊富町史には明治3年に官設宿所を設置とあり「北海道宿駅制の研究」では明治32年に止宿所が官設稚咲内駅逓所に昇格したとされ、明治20年代初頭の北海道全図には稚咲内駅逓のマークがあったが、明治15年の駅逓取扱人名簿に稚咲内はなく当時の経営実態は不明な事は多いようです。実際に止宿所が有ったのは説明板が設置してあった砂丘の丘より2kmほど北上したツツミ川に架かる長沼橋(地元では富士見橋と呼んでいるらしい)より約200mほど北にある浅い窪地が稚咲内駅逓所跡と聞いたが、土地改良と水路改修などで痕跡は解らなくなってしまった。明治初期の駅逓は漁場持ちに依って維持されていたのは宗谷と同じようです。※豊富町には兜沼にあった上サロベツ駅逓所の他に陸測仮製図にも記されているエベコロベツ駅逓所、上福永で開設され昭和7年に有明に移転した有明駅逓、植民軌道の本流が駅逓敷地というだったという下エベコロベツ駅逓、今は使われていない旧目梨別保育所付近にあった目梨別駅逓所、現在の豊田地区となるアチヤル駅逓などがあったが、駅逓と関連有るような碑等は見られなかった。◇設置:明治3年・官設宿泊所 ◇再設置:明治32年3月 ◇初代取扱人:和井輝慶 稲田金太郎 成田稲太郎 成田米三◇廃止年:昭和4年6月 ◇現住所:豊富町稚咲内 砂丘のえき ◇45°05’14”N 141°37’49”E

猿払村の駅逓跡情報

猿払にはかつて駅逓が三ヶ所あったが関連碑はないようです。浜鬼志別には江戸期には小休所があり明治以降も道路開発の遅れた地域で鬼志別駅逓所があったが駅逓跡を示す以降はない。猿払河口右岸には江戸時代より止宿場が有り絵図では少し高い所に描かれているが、明治に入って伊達林右衛門が取り扱った駅逓以降に設置された官設駅逓(第二次猿払駅逓)が出来る前に私設駅逓があったという。駅逓の有った場所は古い地図などから止宿場があった所と同じようにも思えるが、河口の位置が度々変わっているのではっきりしない。この駅逓は宗谷線(天北線)の全通で廃止になっている。他に上猿払駅逓があるがこちらも痕跡はなく大地は殆ど自然に戻っている。ここでは交通の便宜上浜頓別に編入してあるが地図でほぼ正確に位置を確認出来る駅逓は海岸線にあった山軽駅逓所駅だけのようです。

浜頓別町の駅逓跡情報

明治28年に開設されたという頓別駅逓所は植民地区画図を見ると地形は当時とはかなり変わっているが現在の頓別郵便局付近のようですが碑等はありません。当時の道は海岸線で山軽駅逓所駅逓は海岸沿いで当時の測量図では浜頓別と猿払の境界線で猿払側にあり今の山軽付近までが駅逓用地になっていたようですが今は原生花園が広がっているのみ。町史では昭和8年の設置だが駅逓に関する情報は殆どなく碑もない。頓別原野駅逓所は内陸部に設置された駅逓で2代目と3代目取扱人が名前からみて女性のようで当時としては珍しい。駅逓の有った下頓別には旧天北線の駅跡などはあるが駅逓に関する碑などはないようです。

中頓別町の駅逓跡情報

中頓別での最初の定住者は明治35年というのでゴールドラッシュの頃になり、ペイチャン迄の道も早くからあったと思われるが、この駅逓は奥地開拓を目指す前身基地のような役割だったのかもしれないが、この駅逓に関する情報は殆どなく設置場所も詳細不明、碑等もなさそう。小頓別駅逓所に関しては鉄道の開通で駅逓が廃駅になるのが普通なのですがここは逆バターンで歌登の上幌別六線駅逓へ中継を目的に開設されたと思われ、開設年が上幌別六線駅逓と同じで歌登町営軌道が全通した昭和8年廃駅というのも同じでした。記念碑などもないようです。

旧枝幸町の駅逓跡

旧枝幸町には7駅逓があったが海岸部に駅逓に関連する碑はなく所在場所がほぼ正確に分かっているのは枝幸と乙忠部、音標の三ヶ所だけのようです。カムイ岬の尾根を越えてきた姥苫内に姥苫内駅逓所(後に目梨泊に移転)、昭和になって開設されたケモマナイ駅逓所は今は道が途絶えている。幕末には渡船場と小休所があったという徳志別だが徳志別駅逓所の所在地は詳細不詳。オレタンラップ(禮文)駅逓所は唯一植民区画図に掲載されている駅逓で江戸期より継続していたチカプトムシ止宿場と至近距離と思われるが正確な場所の特定は出来ていない。枝幸は明治3年に開拓使直轄となり開拓使事業報告によると枝幸と宗谷は「漁場持ち伊達某駅逓を扱う」とあり、枝幸駅逓は伊達林右衛門が仕切っていたようで今の役場付近らしい。伊達は明治8年に漁場持ちを返上しているが、改めて枝幸・宗谷郡の駅逓取扱人、廻船取扱人として任用され、チカフトムシ駅逓付属止宿所に関して明治11年の北見国駅逓御手当金増減調の手当支給にその名前が有り、枝幸駅逓廃止(明治21年頃か)前後まで存在か?少なくともオレタンラップ(明治28年)が開設される前には廃止されていたと思われる。明治33年の北海道全図や植民区画図に駅逓マークがあるオレタンラップ駅逓の取扱人だった竹内徳助氏は枝幸で最初に牛を飼育された方のようです。再設置された枝幸駅逓は昭和6年の町政要覧の枝幸官内図では北浜側にあり、乙忠部駅逓所(清水旅館)と音標駅逓所((石山旅館))は集落の中心部に有り廃駅後は旅館を営業していた。明治初期の人馬継立料金に関して枝幸と宗谷間は道内の駅逓では最高額でそれだけ当時の交通事情が良くなかったようです

上幌別六線(枝澤)駅逓跡の碑石碑 枝幸町歌登MAP

枝澤駅逓跡の碑旧歌登町の駅逓跡には総て碑が建っているが、駅逓の正式名称ではなく通称(取扱人)名となっているのが特徴で、駅逓の説明では正式駅逓名としているが、写真は総て通称名となっています。上幌別六線駅逓跡の碑は道道12号線沿いで歌登市街、民家横の歩道端、道路を挟んでイデオスのスタンドです。町史では駅逓開設が大正10年で廃止は昭和10年となっているが、道庁の告知では大正11年設置となっており民営の期間が有ったのかもしれない。二代目取扱人、長村秀氏は咲来駅逓の取扱人にも出てくるが歌登との関わりで詳しい情報はない。 ◇設置:大正11年01月 ◇廃止:昭和08年10月 ◇初代取扱人:枝沢武八郎 ◇二代:長村秀 ◇現住所:枝幸町歌登西町 ◇GPS:N44°50’31.4” E142°28’29.7”

上幌別(渡辺)駅逓跡の碑石碑 枝幸町歌登MAP

渡辺駅逓跡の碑歌登市街から一番近い駅逓で歌登最初の駅逓か、碑は道道220号線沿いで元小学校が有った所の横で道道がカーブする少し前。枝幸方面と大友駅逓の中継地で有るとともにペヤマン方面の入口にもなっていたようです。駅逓跡の碑に並んで消火栓の看板が有った場所は道道に変わって駅逓跡の碑は撤去され、廃校になった旧小学校よこに移設されている。上幌別の駅逓は旧歌登では最初に出来た駅逓で枝幸と音威子府の中継駅逓だったようです。また旧使用学校の校門も道路際に保存されて残っているがあまり目立たない高さになっていた。◇設置:明治37年02月 ◇廃止:大正12年03月 ◇初代取扱人:渡辺 ◇現住所:枝幸町歌登中央 ◇N44°48’28.1” E42°26’22.9”

本幌別(矢野)駅逓跡の碑石碑 枝幸町歌登MAP

天野駅逓跡の碑歌登の駅逓では開設は遅く、碑文によると昭和4年から昭和15年までの間ここにあったようだ。駅逓所の碑は道道220号線が直角カーブを避けるように改良されたので、旧道側に入ると本幌別の集会所脇に有る。碑の文字が天野駅逓所とも見えるが、取扱人は矢野浅一氏なので矢野で良さそうです。元々の名称は上幌別26線駅逓所で駅逓所在地の地名が駅逓名だったが後に本幌別駅逓所と改称、廃駅は堀駅逓より2年ほど早い。碑には「昭和五十九年十月開基八十八年記念受彰者一同 建之」と記されている。設置から既に20年以上過ぎている。◇設置:昭和04年05月 ◇廃止:昭和16年10月 ◇改称:昭和07年08月 上幌別26線を改称 ◇初代取扱人:矢野浅一 ◇所在地:枝幸町歌登字本幌別 ◇N44°45’54.2” E142°22’37.0”

本幌別(大友)駅逓所跡石碑 枝幸町歌登MAP

天野駅逓跡の碑こんな所にと思うような所で駅逓の碑を見かける事がある。それは峠の麓などの辺地などで本幌別で見た大友駅逓跡の石碑もその1つ。碑文によると明治41年から大正15年までの間となっているが旧歌登村に設置された2番目の駅逓で上幌別(渡辺)駅逓と音威子府(咲来駅逓)との中継駅逓だったようです。道道220号線沿いの駅逓跡碑近くに小さな松林と牛に空き缶があたる道路標識があった。碑は笹に埋もれて碑の頭部分しかみえない。◇設置:明治37年02月 廃止:大正13年06月 ◇初代取扱人:大友金吉 ◇所在地:枝幸町歌登字本幌別 ◇N44°43’33.3” E142°21’00.3”

志美宇丹(堀)駅逓所跡石碑 枝幸町歌登MAP

天野駅逓跡の碑宗谷管内の市町村の中で旧歌登町は駅逓所の設置数は多い方で上幌別駅逓所、大友駅逓所、天野駅逓所、大曲駅逓所などの駅逓所跡に碑を建立したようで、総ての駅逓跡に記念碑を確認しているが堀駅逓もその一つで、乙忠部から歌登に抜ける道道120号線沿いの志美宇丹郵便局横に碑が有ります。駅逓の開設地は上徳志別で上徳志別駅逓所としてスタートしたが簡易軌道の上幌別六線 ~志美宇丹間(幌別線・廃止は昭和44年)が開通した昭和8年に志美宇丹市街地に移転し名称も志美宇丹原野駅逓所に変更、昭和13年に志美宇丹駅逓所と改称したがその翌年に廃駅となっている。 ◇設置:大正10年12月 ◇廃止:昭和14年11月 ◇初代取扱人:堀新蔵  ◇所在地:枝幸町歌登志美宇丹 ◇N44°46’08.1” E124°34’39.6”

上徳志別(松田)駅逓跡の碑石碑 枝幸町歌登MAP

松田駅逓跡の碑歌登最後で再奥の駅逓、志美宇丹と仁宇布駅逓の中継を担っていた様です。駅逓は道道120号線の旧道沿いで加須美峠と旧国道が峠へ向かう分岐点にある。此処から仁宇布迄は二つの峠を越える難所だったが、天の川トンネルの開通で幹線ルートが変わって、旧道の駅逓跡から橋を越えた先からは既に廃道化している。旧枝幸町に有った7駅逓の内、場所がほぼ正確に分かっているのは乙忠部と音標の駅逓所だけのようで、他は確かな情報も無く駅逓の碑も無い。◇設置:昭和09年08月 ◇廃止:昭和20年07月 ◇初代取扱人:松田鹿蔵 ◇現住所:枝幸町歌登大曲 旧国道沿い ◇GPS◇N44°40’14.5” E142°34’40.5”

オトンルイ駅逓所跡史跡標柱 幌延町MAP

オトンルイ駅逓所跡現在の浜里、国道106号線沿いでオトンルイの風車群と防雪シェルターの中間部で廃業したソフトクリームの看板が有るドライブイン前に幌延町が開基100年事業として設置した駅逓跡の碑がある。周辺に風車以外に目立つような建造物はないので比較的分かりやすい。オトンルイ駅逓所は天塩から稚咲内に通じる仮県道稚内線が開通して天塩駅逓と稚咲内駅逓の中継駅として設置されたようです。明治40年代に入って下田牧場、水口牧場、笹原牧場などの牧場経営も始まっているが今はその痕跡を航空写真に留めているのみ、大正12年の仮性図には駅逓所と下田牧場の名が載っている。開設時の所在地は天塩郡沙流村字オトンルイですが、沙流村でアチャルベシベ(現・豊富町)にも駅逓が設置されたが、地名は移動して阿沙流と最近まで残っていた。 ◇設置:明治32年03月 ◇廃止:昭和04年06月 ◇初代取扱人:定平平太郎
◇二代:大庭金次 ◇三代取扱人:佐木嘉七 ◇四代:植村留助 ◇現住所・幌延町浜里 ◇GPS◇N44°59’52.8” E141°41’02.3”

下サロベツ駅逓所跡史跡標柱 幌延町MAP

下サロベツ駅逓所跡下サロベツ駅逓所は現在の下沼で明治40年4月の開設となっているが明治42年の大火発生で焼失、明治45年に再建という。下差炉別駅逓所とも書かれたようで、碑は下沼225番地で日東エフシー正門の横15m程の所に塀際でイタドリの中に埋もれているので発見は難しいかも。駅逓取扱人だった山田権左衛門氏は福井県越前市大谷町出身で明治33年に地主として入植、入植した年から総代人を務めるなど数々の公職、要職を歴任、また郵便継立をも請け負っていたようで私宅に郵便継立所を設置という下沼の開祖でもあった。教育にも熱心だったようでかつての旧下沼小学校は自己所有の土地1500坪を寄贈して開設されたという。下沼には下沼駅近くに「下沼の湧水」「サロベツの湧水」などと呼ばれていた無名の湧水があったが、下サロベツ駅逓管理人の名前を頂いて「湧水 サロベツ 権左衛門」と命名された。 ◇設置:明治40年04月 ◇廃止:大正15年03月 ◇初代取扱人:山田権左衛門 ◇現住所:幌延町字下沼225番地

大曲駅逓所跡史跡標柱 幌延町MAP

大曲駅逓所跡元町と呼ばれ幌延町の旧市街という。かつてこの近くに渡船場が有ったと云うので天塩川経由で人と物資の流れが有ったのでしょう。大曲唯一のセイコーマート横が碑のある大曲バス停になっている。幌延町は開基100事業として平成十年に四ヶ所の駅逓跡に史跡標柱を設置しているが、そのなかでトイカンベツ駅逓所跡に設置したという標柱が見当たらず、確認は取れていないが道路の改良工事によってかつて標柱があったと思われる道道583号線にかかる8線橋から道道785号線とのT字交差点のまでのカーブが角度が変更され旧道が残っていた事。道道583号線の改良工事で消失したものと思われる。 ◇設置:明治44年12月 ◇廃止:大正15年07月 ◇初代取扱人:赤松松太郎 ◇現住所:幌延町元町 大曲バス停横 ◇N45°00’42.2” E141°50’46.9”

天塩駅所逓跡史跡標柱 天塩町MAP

天塩町-01天塩駅逓の開設は明治5年と有ったが実際は場所請負人が駅逓業務も請け負っていたので運上屋廃止後の駅逓業務は開拓使に引き継がれているのだが廃駅年は詳細不明、明治15年の駅逓取扱人一覧に天塩運上屋現地支配人だった菊地和三郎の名があるので廃止は明治15年以降、駅逓への官費援助が廃止された明治18年以降かもしれない。鉄道開通前は天塩川を利用した船運が物流の中心で天塩はその入口。駅逓取扱人が廻漕店を経営していたことは駅逓業務を遂行する上では有利な条件だったのでしょう。再設置は最終的な駅逓制度が確定し官費援助が再開される前年の明治32年となる。空白期間がありそうなので最初の駅逓と再設置後の駅逓の場所は異なっているかもしれない。※天塩にあった他の駅逓として産士駅逓と作返駅逓は隣接地で当時の交通の要衝でもあるが河川環境の変化で渡船場の変更が度々あり、駅逓もそれに合わせて移動する事もあったようだ。明治37年の北海道全図のウプシ駅逓マークは位置的には振老より、最初の駅逓はサクカイシ付近に有ったようで取扱人の名前から石沢駅逓とも呼ばれ渡船場も併設されていた。再設置されたウブシ駅逓は昭和20年まで続いていたが碑などは無い。雄信内には渡船場跡の碑があり駅逓の取扱人も同じで渡船場の近くに駅逓もあつたようですが碑はない。南雄信内の駅逓跡に関しては情報がありません。 ◇設置年:明治5年 ◇廃止年:詳細不明 ◇駅逓取扱人:菊地和三郎 松岡隆三 ◇再設置:明治32年06月 ◇廃止:大正13年06月 ◇初代取扱人・鈴木栄三郎 ◇所在地:天塩町海岸通2丁目23番地の1 ◇N44°52’54.6” E141°44’37.5”

仁奈良駅逓跡碑仁奈良山道 増毛町MAP

仁奈良山道増毛道路の開削にあわせて明治24年に設置された三駅逓の一つで、他に尾白利加、恵岱別の駅逓がある。駅逓跡は峠をかなり下った御料地区の「恵比寿橋」近くで、道路脇の高い所(旧道の入り口?)に増毛町が設置した史跡標柱が有ります。説明文より「元来この山道は信砂越え(※雨竜越しの別名もある)と云われ自然発路である。石狩方面に出るにはどうしても通らなければならない道でもあった。又、この山道に下駅逓が建てられ当時の幹線道路としてにぎわいをみせていた。」とあり古くから増毛や留萌から石狩方面に抜けるいくつかのアイヌ古道があったようですが、文化5年に信砂越えの開削が行われ、翌年に会津藩兵が山道を通って石狩川筋に出て帰藩したあと殆ど利用されず廃道化をたどった。他にガロという駅逓があったという情報もあったが詳細不明、私設駅逓か?

松浦武四郎が1856(安政3)年に敢行した信砂越えルートに沿うように、殆どが囚人によって開削(※一部請負あり、完成は明治25年)された増毛道路開通にあわせ明治24年に設置された三駅逓の一つで、他に尾白利加、恵岱別の駅逓がある。道道94号線増毛稲田線は増毛道路と重複する区間は多いが仁奈良山道と呼ばれた部分は増毛道路の増毛側入口でエタイベツ側は石油沢からのようで、現在の道道94号線増毛稲田線は恵岱別川筋から標高の低い信砂川の扇状地になる西仁奈良と東仁奈良(三角点)の中間を(御料峠)抜けて仁奈良峠を迂回、旧増毛道路の山道区間は廃道となり痕跡も殆どみられないが、仁奈良駅逓所が廃止された頃には既に廃道寸前だったらしい。

松浦地図に石油沢と思われる位置にルルモッペルベシベ、ヌプシャルベシベなどがあり、武四郎は石油沢の二股を左側(※右に入るとチバベリで留萌方面に出る)にはいり東仁奈良(三角点)から北側に延びる尾根を越え信砂川筋に抜けた?ようだ。江戸時代の記録には 仁奈良峠は出てこないと云うが、松浦武四郎はルチシと記している。・・空知地方史研究協議会編の「空知の歴史散歩」に仁奈良山道と増毛の間にガロー駅逓が有ったとなっていたが、この駅逓に関する現地情報では手掛かり無しだった。◇設置年:明治24年06月 ◇廃止:明治36年02月
◇所在地:増毛町御料 ◇N43°47’25,9” E141°40’52,8”

武好(ぶよし)駅逓所跡増毛山道 増毛町MAP

増毛山道入り口増毛山道は増毛町の別苅と浜益の幌を陸路で結ぶ全長約26.8kmの山道で、安政4年に2代目伊達林衛門が私費によって開削した。工事費用は濃昼山道と合わせ現在の貨幣換算で2億円以上と商人が拠出する金額としては半端ではない。増毛山道は江戸時代に開削された山道では最も険しく唯一1000mを超える山道という。増毛町の岩老から海岸伝いに岬を越え、雄冬に達した経路が新増毛山道、岩老に降りず、別苅から山間を直行して浜益に至るのが旧増毛山道。昭和25年頃迄は建物が残っていたという武好駅逓は、新旧の増毛山道にあわせ設置場所を移動している。明治期の山道は郵便物をやり取りする重要路となり、山道途中の武好駅逓で雄冬と増毛、双方からやってきた郵便配達がここでお互いの郵便物を交換し、また戻っていくという業務が繰り返された。駅逓には管理人が置かれ(常駐していなかった期間もある)旅人の宿泊などにも利用された。増毛山道は交通網の発達に伴い廃道になって70年以上になるが「増毛山道の会」によって復元が進められ、新旧の武好駅逓跡も確定されたという。新武好駅逓跡は岩尾から約7.7kmの距離、新武好駅逓跡まではいけるらしいが登山装備が必要。この駅逓は陸測図に載っている。 ◇設置:明治29年09月 ◇廃止:昭和16年06月 ◇所在地:増毛町別苅~石狩市幌

サンタロベツ通行屋跡手稲史跡説明版 札幌市MAP

画像枠-02 本願寺道路開通の1871(明治4)年~翌年にかけて開拓使は定山渓、簾舞、三樽別、厚別に通行屋を設置した。通行屋や駅逓は交通網の発達で次第にその役目を終え廃止されていくことになります。明治4年設置のサンタロベツ通行屋は小樽、銭函方面から来ると札幌の入口に位置し、旅人の休憩地になっていた所で、付近には餅屋や馬具店などがあったという。通行屋の家守は岩手県出身の吉田新兵衛という人で休憩所、宿泊所業務を取り扱っていた。廃止年はわかりませんが明治13年に手宮~札幌間の鉄道開通、翌年には軽川駐車場(手稲駅)ができ、中心地は軽川に移ることから、この頃に廃止されたものとおもわれる。通行屋跡の史跡表示板は二十四軒手稲通にかかる二条橋袂にある。明治2年に場所請負制廃止、明治3年の全道駅逓人馬供給仮制度創設後に開設したサンタロベツや簾舞を駅逓ではなく通行屋と呼称した理由は何だったのか?◇所在地:札幌市手稲区富丘2条5丁目2

島松駅逓所跡移転前の島松駅逓跡 恵庭市MAP

移転前の島松駅逓跡松浦武四郎の戊午東西新道史に「(島松)川をこえて小休所二棟、是去年鎮台通行の時立たしとかや」とあり、安政4年に勇払六場所の請負人の山田文右衛門が休憩や宿泊のために設置した小休所でした。1873(明治6)年の札幌本道開通に伴い駅逓設置が決まり、初代の駅逓取扱人は漁場持ちの山田文右衛門でしたが、明治8年の漁場返上で元勇払場所総支配人の山口安五郎氏が2代目駅逓取扱人となる。明治10年より中山久蔵氏が請負人となり取扱人は鶉谷新治郎氏(北海道宿駅制の研究では2代目・松原岩吉、3代目・山口安五郎、4代目・鶉谷新次郎、5代目・中山久蔵氏)に変わっています。説明板がある後方に初期の島松駅逓の建物が広がっていたという。明治17年に中山久蔵氏が正式に駅逓取扱人となり、同位置に近接する中山邸が駅逓所となり現在地に変わったようです。明治10年にクラーク博士が島松で農業実習をし「青年よ大志を抱け」と有名な言葉を残し学生たちと決別したクラーク記念碑が旧島松駅逓舎横にあるが、北広島と恵庭を含む島松沢が舞台でした。◇所在地:恵庭市島松 ◇N42°92’28.85” E141°53’82.64”

駅逓所縁の人物・施設&記念碑など

兜沼資料室・豊富町発祥の地上サロベツ駅逓所跡 豊富町MAP

兜沼資料室梅村庄次郎氏は明治36年に岐阜から入植した移住民のリーダーで、明治41年に豊富町で最初の郵便取扱所を開設、翌年に上サロベツ(通称兜沼)駅逓所を開設しているが同年5月の大火発生で駅逓焼失、再建までは梅村氏の私宅が駅逓を兼ねたと思われるが廃駅は昭和3年となっている。最初は梅村庄次郎氏の自宅が郵便取扱所として利用されていた用ですが大正7年には兜沼郵便局となり、昭和9年に2代目局長・梅村喜久三氏が現在の局舎を建て、3代目も梅村氏が局長を勤めます。昭和55年からは梅村家私設郷土館となり、平成3年に一部が町に寄贈され「兜沼資料室」として豊富町の資料室となっています。現在残っているのは昭和9年築の郵便局舎とで関東甲信越式木造「兜造り」という梅村氏の私宅で駅逓舎を2階建てにしたのではというほど駅逓に似ているが、旭川の養蚕民家と同じ形式のようで駅逓関連の遺構は残っていません。旧兜沼郵便局横に豊富町発祥の碑があり梅村庄次郎氏の功績を讃えているが、郵便取扱所や上サロベツ駅逓所には触れていない。駅逓業務に逓送や郵便業務と書かれているのを時々見るが、駅逓業務に公用状の継立はあるが郵便(私書)の取扱は含まれず、明治5年に駅逓から郵便が分離され、郵便路線の確立した明治9年頃より公用状(公文書)継立も郵便取扱所(後に郵便局と改称)に移った。原則は郵便取扱所の業務なのだが交通未発達な地域で郵便取扱所間が遠距離の場合は郵便継立所を設置し郵便物を中継、逓送も郵便取扱所になると云うことですが、辺地での逓送業務を遂行出来るのは駅逓運営者くらいしかいなかった事から、駅逓運営者が郵便継立を請負う事はあっても制度上は別で駅逓所で郵便物の取扱をしたことはない。兜沼でも駅逓では無く正規の郵便取扱所となっている。蛇足ですが樺太、眞岡の郵便局で散った9人の乙女を題材にした日本テレビドラマ「霧の火」のロケ地。◇豊富郷土資料室「兜沼資料室」 ◇開間5月~10月 期間中の土・日曜日 ◇所在地:天塩郡豊富町上サロベツ3863

顕彰碑 古潭小学校厚田駅逓所取扱人MAP

画像枠-2厚田駅逓所の開設は嘉永5年とされるが、明治2(1869)年に場所請負制度が廃止され明治2(1869)年から明治7(1874)年まで開拓使出張所が置かれ、運上屋は本陣になるも明治5年に本陣を廃し駅逓取扱所になり明治17年に厚田に移転している。古潭の教育に貢献をされたという佐藤辦蔵氏は、津軽温湯村に生まれ安政4(1855)年厚田に移住。厚田、古潭の寺子屋、教育所を創設、剣道場の開設などに貢献をされ村総代、郡総代、学務委員などを歴任。また通行取扱からその後に続く駅逓取扱人でもあった。明治9(1876)年当時に駅逓取扱人でもあった佐藤辦蔵氏が自費で教員を雇い、駅逓で児童への教育を始めたという。初期の駅逓は運上屋や運上屋付属の通行屋を駅逓として使用されることが多かったが、ここでは古潭小学校の始まりと云う事で古潭小学校創立90周年記念事業協賛会で昭和40(1965)年に顕彰碑を建立したようです。碑文にある寺小屋は具体的に云うと駅逓の事だったのでしょう。◇所在地:石狩市厚田区

札幌開祖志村鐵一碑豊平川渡船場と通行屋 札幌市MAP

画像枠-3 明治元年当時に豊平川渡し守をしていた「志村鉄一」氏で札幌に初めて定住した和人と言われ、札幌開祖とも呼ばれている。安政4年に銭函と千歳を結ぶ札幌越新道(千歳新道)の開削が始まると、豊平川の渡船場と通行屋(宿泊・休憩所)の渡守として、家族3人で豊平川沿いに住居を構えていたという。明治2年に通行屋の建物は解体・移設され開拓使仮本陣り代わり、通行屋と渡し守の役目を解任されるという、札幌開拓の功労者としては不孝な結末でした。豊平川右岸にある橋台小公園に「札幌開祖志村鉄一碑」と記された石碑が建立されています。この碑は現在地より約120m下流の住居跡にあったというが豊平橋架け替えで昭和42年に移転、通行屋として使われた住居跡碑は豊平川の土手車道際にある。箱館奉行など幕府役人や松浦武四郎がこの通行屋に宿泊している。◇所在地:豊平区豊平4条1丁目

札幌開祖吉田茂八碑豊平川渡船場と通行屋 札幌市;MAP

画像枠-3 吉田茂八は明治元年当時に豊平川左岸の渡し守をしており、札幌に初めて居住した和人であり、志村鉄一と吉田茂八の二人を札幌開祖と言う事になっているという。幕府の石狩役所が設置された際、主人の亀谷丑太郎と共に石狩へ移住した吉田茂八は、安政4(1857)年に豊平川に渡船場が出来た際に、石狩役所調役荒井金助より志村鉄一と同様に渡し守として任命されました。当時の居住者は吉田茂八家は4人、志村鉄一家は3人、札幌はこの2戸から始まりました。明治2年の豊平川右岸通行屋廃止後は吉田茂八が引き継ぐことになります。豊平端左岸側にある小さな公園に石碑が有るが、茂八が定住したのは南4条東4丁目辺りという。 ◇所在地:南5条東4丁目

開拓使-札幌本陣跡クラーク博士居住地跡 札幌市MAP

画像枠-4 1871年(明治5年)に開拓使本庁所在の北海道最大規模の駅逓所として木村某氏を初代取扱人として「札幌本陣」を開設、開設後は移転を繰り返し移転の都度、駅舎の改築が行われた。経営も不安定で取扱人も長く勤めた人はいないようで、1889(明治22)年に廃止。開拓使本陣は駅逓所になっていた他、御雇外国人の宿舎としても利用され「脇本陣」も駅逓所、通行屋として使われていた。

説明板より転載 「宿舎の役目を持つ本陣は、明治5年に竣工し建築面積800㎡の木造平屋建ての当時としては最大の建物であった。8年からは主にお雇い外国人用として使われ土木工学技師ホイラーなども居住していたが12年に焼失した。クラーク博士は終始この本陣に居住し、ここから農学校の開校式に臨み又、建築間もない札幌の様々な施設などを視察している。明治10年4月16日、クラーク博士は本陣前で馬上の人となり札幌に別れを告げ帰国した。」◇所在地:札幌市中央区南2条東1丁目 創成川河畔 住友生命札幌中央ビル前

千歳郵便取扱所・駅逓所跡関連碑駐蹕之碑 千歳市MAP

駐蹕之碑千歳川会所は明治2年11月の本陣から明治5年5月に駅逓取扱所(駅逓所)と変り駅逓から郵便業務が分離された。勇払場所請負人・山田文右衛門は請負で駅逓を勇払、白老、苫小牧、千歳、島松に設置、明治8年の漁場返上で石山専蔵が駅逓取扱人となるが、戸長就任で駅逓経営を離れるも再び取扱人となっている。駅逓廃止は明治22年以降、明治33年より前のようだ。郵便業務は明治5年に早くから千歳で旅館を経営していた新保鉄蔵が引き継いでおり、駅逓看板は千歳最初の郵便局(郵便取扱所)で有った事を示す千歳市有形文化財(個人所有-非公開)に指定されている。1806(明治39)年に再設置された官設千歳駅逓所の取扱人は新保福治でした。新保旅館創業者の新保鉄蔵は、宿泊者へのサービスと郵便業務のため馬を所有しており、繁忙期で駅逓所(旧千歳会所?)での手伝い、駅逓廃止後も駅逓と同様の仕事もしていたと云い駅逓開設の条件が整っていたのでしょう。前期、後期ともに千歳駅逓所や駅逓取扱人の碑はないが、関連碑としては明治初期の駅逓は千歳会所跡、千歳駅逓所跡は明治14年に明治天皇の北海道巡行時に新保旅館に宿泊したのを記念して昭和11年に建立された駐蹕之碑があるだけのようです。 ◇所在地:千歳市本町5 新保宅前 ◇N42°43’59.06” E141°38’57.89”

その他の旧駅逓と駅逓碑

現存する旧駅逓に関しては旧運上家と旧駅逓所に掲載したので地域別の駅逓跡では簡単に触れるにとどめた。宗谷エリアは先に書いたのでオロロンラインの遠別町、初山別村、羽幌町、苫前町、小平町、留萌市に関して。遠別町には3駅逓が有ったがその痕跡は無く駅逓碑もない、ただ遠別駅逓は植民区画図にもあるので駅逓跡は確認されていると思われる。初山別では風連別に江戸期から続いて駅逓があったが痕跡は無く碑もない。風連別なきあとに設置された聚参別駅逓跡碑が旧初山別郵便局前にあったが、郵便局の新築移転で更地にされ撤去された。羽幌町には羽幌駅逓所と羽幌御料駅逓所が有ったが所在地が確定していないという。苫前町には市街地に苫前駅逓所、苫前町霧立に古丹別駅逓所が有った(植民区画図で大まかな場所は判明している)が正確な所在地情報にかける。小平町には鬼鹿駅逓所、中森駅逓所、小平蘂原野駅逓所が有ったが駅逓碑は存在しない。駅逓敷地跡は公園として活用されているという。留萌市はやや特殊で駅逓関連の跡はそのほとんどが留萌港の中に消えてしまった。ポンルルモッペ駅逓所は旧峠下小学校付近に設置されたと云うが痕跡はなく関連碑もない。江戸末期から明治初期の旧道復元で復活した武好(ぶよし)駅逓跡もあるがこの駅逓は陸測図にも載っている。史跡でも碑設置後の管理が不十分な場合は消えてしまう。

宗谷・留萌・石狩エリアの旧駅逓記念碑

旧島松駅逓クラーク記念碑-01 旧島松駅逓クラーク記念碑-02 千歳駐蹕之碑 ○○ ○○ ○○ 島松駅逓所跡-02 島松駅逓所跡-03 上サロベツ駅逓所跡02 大曲駅逓場跡02 稚咲内止宿場02 上幌別・渡辺駅逓跡02 クラーク記念碑-03 旧島松駅逓看板 矢野駅逓跡02 志美宇丹駅逓跡02 本幌別・大友駅逓跡02 矢野駅逓跡02 志美宇丹駅逓跡02 本幌別・大友駅逓跡02

更新情報など

レイアウトをレスポンシブタイプにしました。旧駅逓所跡の内容を一部修正してます。

横走り pagetop  戻る  先へ

松浦武四郎の碑を巡る

相互リンク

アウトドア市場

まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1