カウンター

ぐるっと中富良野アウトドア情報‼

アウトドアで楽しむ

原始が原登山道・天使の泉

中富良野町はアウトドアのエリアが少ないが『星に手のとどくキャンプ場』をベースキャンプに楽しめる所が有ります。マニアックなのは湧水巡りと滝巡り、湧水は此処で紹介しているほかに原始が原登山道の『天使の泉』と麓郷の『ポプリの里の名水』富良野市の公園になっている『鳥沼』など、他にも多数有りますが立ち入り禁止の場所が多く、水汲みが可能なのは五ヶ所ほどです。滝巡りは原始が原滝コースの原始七滝巡り、本格的な登山装備でないと無理ですが(2011はコース閉鎖中)不動の滝は軽装でも可能。そのまま富良野岳登山も可能です。中富良野での釣りになるのはベベルイ川くらいで、里川での釣りがとなりますが巨大なU字溝で釣りをしている感じで雰囲気は最悪かもしれない。富良野に入って布部川は上流の大型砂防より下流が釣場、布礼別川も合わせてほぼ里中での釣りになるが、こちらは渓流らしい釣り場の雰囲気は保たれているも、魚影を期待して行く川ではないことも付け加えておく。里川での釣りなのでヒグマの心配はあまりしないですむのがいい。農作業の迷惑駐車を避け、畑には絶対入らないこと。

星に手のとどく丘キャンプ場

星に手のとどく丘キャンプ場

キャンプ場の開設当時はそれほどキャンパーの姿を見なかったがあっという間に人気のキャンプ場になってしまった。取り巻く環境の良さも有るがキャンプ場の原点を大切にしながらもキャンパーに最大限の配慮がされている事が大きい。少しの不便もとっておきの楽しみに変わる創意と工夫が・・照明は炊事場以外は一切ありません、それで『星に手が届く』と言う訳です。時には星に手のとどかない漆黒の闇もあり得ます、これはこれで一度は体験してみてください。本来人が持っていた野生の研ぎすまされた感性が戻るような緊張がいい。大自然の中で野営していると言う雰囲気がありますね。こんな時には焚き火が恋しくなりますが、各サイトごとにある炉で焚き火も出来てしまう。今では焚き火の出来るキャンプ場は貴重な存在、薪は売店で販売しているので事前に用意することなく、焚き火を囲んで団欒の一時を過ごせる。キャンプ場のHPに『お父さんから頼りにされる子供達は、キャンプ場では男になれる。お父さんを大好きになってくれる』と書いてありました。確かにそうですね~焚き火は男のロマンだけど親子の絆を深める効果も有るようです。近くに縄文期の遺跡が有るからと云う訳では有りませんが、お子様連れの時は縄文人になったつもりで古代の火起こしに挑戦というのも、これは大人も楽しめるかも。キャンプにはランタンくらいは持って行くとは思うけど焚き火の魅力には勝てません。ランタンは雨天専用にとっておいてください。星に手のとどくキャンプ場は星空と焚き火、ミニ牧場の動物とふれあい、星空を同時に満喫できるキャンプ場です。アウトドア派には原始が原湿原に一番近いキャンプ場、本格的な釣り師には物足りないかもしれませんがベベルイ川や布部川が有ります。◇中富良野町ベベルイ TEL:090-1302-1422

中富良野森林公園

中富良野町・森林公園

十勝岳の裾野に広がる田園風景と町営ラベンダー園の花園をながめながら、のぼりつめた所に中富良野森林公園があり、アスレチックス、テニスコート、遊歩道などが整備され、隣接してライダーさんに人気のキャンプ場がありましたが、キャンプ場は2010年に廃止されてしまいました。キャンプサイトに隣接してラベンダーで有名なファーム富田が有るので観光地巡りでは便利だったので惜しまれます。ということで中富良野町のキャンプ場は「星に手のとどく丘キャンプ場」だけになってしまいました。こちらは町から離れた富良野岳山麓に近く静かです。◇中富良野西1線北13号

中富良野町の自然と景観スポット・ミニギャラリー

中富良野町 中富良野町 中富良野町 中富良野町 画像枠 中富良野町

☆更新情報など☆

レイアウトをレスポンシブタイプに変更しました。

横走り pagetop  戻る  先へ

道北NAV

中富良野町の旅
中川町を巡る旅
音威子府村の旅
美深町を巡る旅
close
幌加内町を巡る旅
名寄市を巡る旅
close
下川町を巡る旅
士別市を巡る旅
剣淵町を巡る旅
和寒町を巡る旅
鷹栖町を巡る旅
比布町を巡る旅
当麻町を巡る旅
愛別町を巡る旅
上川町を巡る旅
close
旭川市を巡る旅
close
東川町を巡る旅
close
東神楽町の旅
美瑛町を巡る旅
close
上富良野町の旅
富良野市の旅
close
南富良野町の旅
占冠村を巡る旅