カウンター

大雪山山麓に点在する観光スポットと公園を巡る‼

東川町を巡る旅

日本最大の自然公園『大雪山国立公園』の麓に広がる田園地帯で、北海道の屋根といわれる大雪山連峰の最高峰旭岳は、東川町。大雪山国立公園の優れた自然景観を背景にした観光と農業が町の基幹産業です。また豊富な森林資源を生かした木工の町としても知られる。写真の町で地域おこしをはかるなどユニークな取り組みで、写真甲子園などのイベントも全国的に知られるようになった。東川町は明治28年に開拓の鍬が入り、昭和34年には町制施行

道の駅 ひがしかわ 道草館

東川町・道草館

東川町の観光案内や東川の物産の展示コーナーがあり、パソコンでの観光検索も可能。東川町の見所や物産、宿泊ガイドなどでは手作りのパンフレットもあるよ。道草館にはクラッシックカメラを展示してますが、貴重なお宝カメラ、レンズ等が所狭しと陳列され壮観です。ここで販売されている釜飯セット、固形燃料付きで、キャンプなどにも使えそうです。◆東川町東町1丁目1番15号 TEL:0166-68-4777

東川文化ギャラリー

東川町・東川文化ギャラリー

文化ギャラリーは写真の町東川町の中核となる施設。4つの展示場があり国内外の優れた写真作品をメインに、彫刻、木工クラフト、絵画、彫刻等を展示、魅力一杯のギャラリーに是非どうぞ。代表的なイベントには、写真甲子園やフォトフェスタ等があり、創作活動の発表の場となっている。◆東川町東町1丁目19-8 TEL:0166-82-4700

国際写真フェスティバル

写真の町、東川ならではのビックなイベントです。著名な写真家や愛好家が集い、作品展やストリーギャラリーなど多彩な催しがあり、併せて全国の高校生が参加する、写真甲子園も同時に開催されます。高校生の写真バトルは結構有名ですね。写真甲子園の作品なども文化ギャラリーで公開されます

東川町郷土館

写真募集01

旧役場庁舎を利用し昭和43年に開設された郷土館。開拓時代の農耕、農機具や東川の歴史を知る事が出来る資料を展示。館内に旭川電気軌道で最後まで活躍した軌道電車の実物が展示されている。車内には当時のデーパートの広告がそのまま残されている。休館は月曜日です。5月~6月、9月~11月は土曜日の開館、冬期間は休館。◆東川町東町1丁目16番2号 TEL:0166-82-2111

開拓百年記念公園

百年記念公園

平成6年に東川町開拓100年を記念して造成された、東川中学校の前にある小さな公園。園内には、歩、雪翔、舞、萌など5基の彫刻ブロンズ像があります。公園の中央にある『フローティング・クーゲル』は重さ1.88tの青い御影石で、水の力で浮かせて有り、手で回すことが出来る。公園周囲にも彫刻が点在する。◆東川町北町1丁目4番

開拓記念羽衣公園

開拓記念羽衣公園

開基80年を記念して、8年の歳月をかけ造られた広い公園。大小合わせて1.200個の庭石が配置され、約50種類の樹木を約5000本以上が植栽されている日本庭園造りの公園です。東川町市街地中心部にあり『どんとこい祭り』や『東川氷まつり』などのイベントにも利用されている。◆東川町東町1丁目15-1-16 東川町公民館横

忠別川親水河川公園

準備中03

忠別川の河川敷に作られた公園ですが、中身はパークゴルフ場。河川敷にしては芝生が綺麗に管理されている。4コース36ホール、全長距離1.873mの本格的なパークゴルフ場がある。交通の環境が良いのか、結構人気は有るようで、いつもプレイヤーの姿を見かける。飲料自販機とあずま屋あり。◆東川町西町(忠別川右岸東橋地先)

東川町交通公園

東川町・交通公園

道道沿いにある公園で西2号バス停がある。一角に石倉倉庫を再利用した交流館があり、ミニギャラリー等に利用できます。雰囲気のある梅の古木があり、電線と電柱がなければ最高の撮影スポットなんですが・・駐車場とトイレが完備され夜は交流館がライトアップされるがシーズン限定。◆東川町東町4丁目3番

大雪遊水公園

東川町・大雪遊水公園

道道旭川東川線沿いにある遊水公園。中央公園には展望デッキの有る管理棟とブロック広場、芝生広場、ロックガーデン、花壇などが設置され、また遊歩道から菖蒲池など水面を眺めながら散策できる、水上木道や水上広場、水上でのあずま屋が整備されている。日曜日には東川の物産を販売していることもある。堰堤にある桜は撮影スポット。◆東川町東9号北1番地 道道沿い遊水池横

大雪遊水公園パークゴルフ場

東川町・大雪遊水公園

中央公園と遊水池を挟んだ対岸にあるパークゴルフ場。距離の短いテクニカルな9ホール、距離の長い9ホールを合わせて、18ホールのパークゴルフ場があり、隣接してゲートボール場も有ります。こちらにも自販機と東屋が整備されています。芝の手入れは良いが人気は今ひとつの様子。

忠別ダム

準備中02

忠別川に建設された多目的ダムで平成19年に完成。建設の目的には疑問が多いが、副産物として新しい観光名所がひとつ増えたことは確か。ダムの両側に道があり、天人峡方面には新道の方が近い、が風景は前から有る道道天人峡美瑛線の方が良い。ダムを眺望できる展望駐車帯が何カ所か有り、ダムサイトの上を歩くことも出来る様になっている。人造湖なので景観は水量次第で変わるが満水時と紅葉時期はそれなりに綺麗に見えます。

☆更新情報など☆

レイアウトをレスポンシブタイプに変更しました。

横走り pagetop  戻る  先へ

道北NAV

東川町を巡る旅
close
中川町を巡る旅
音威子府村の旅
美深町を巡る旅
close
幌加内町を巡る旅
名寄市を巡る旅
close
下川町を巡る旅
士別市を巡る旅
剣淵町を巡る旅
和寒町を巡る旅
鷹栖町を巡る旅
比布町を巡る旅
当麻町を巡る旅
愛別町を巡る旅
上川町を巡る旅
close
旭川市を巡る旅
close
東神楽町の旅
美瑛町を巡る旅
close
上富良野町の旅
中富良野町の旅
富良野市の旅
close
南富良野町の旅
占冠村を巡る旅

道北,道東・特集編

姉妹サイト

アウトドア市場

まち楽

twitter

サイトバナー

道北の釣りと旅-baner-1