カウンター

☆ Googlewで検索 ☆reference


サイト内検索 Web検索

愛別町を巡る旅・石垣山と愛別の釣り&アウトドア情報‼

アウトドアー情報

愛別町

愛別でアウトドアというとメインはキャンプと釣り、登山となる。釣りは愛別川と石狩川、愛別ダムのエリアとなり、キャンプは石垣山の麓にあるオートキャンプ場のみで、他にはキャンプ場はありません。野営というなら可能な所は愛別ダム付近にもあるがお奨めしません。石垣山は一般的な登山道の他に裏側から車で山頂近くまで行けますが、案内板などは無く林道も荒れているので通れないこともあり得る。

石垣山

愛別町

中愛別駅南方約2.5km、標高525m、上部一帯は石狩川の浸蝕によって露出された柱状節理の巨岩奇石がせり立つ特異な景観は、層雲峡の大函小函をほうふつさせる。付近一帯は道有林に属して針葉樹、広葉樹の巨木が鬱蒼と茂っているが、山頂部と山頂の近くを通る送電線の部分は視界が開ける。キャンプ場からと林道を通り車で頂上近くの古戦場跡からの2ルートある。林道経由のコースは距離、時間ともに短縮できるが見所は少なくなる。キャンプ場からの登山は標高の割には手強い山で、かなり急なガレ場を登り詰めると柱状節理の壁に行き着く。ここからは此の岩壁に沿ってアップダウンを繰り返しながら高度を上げていくことになります。途中でロッククライミングをしているのを見かけるかもしれません。松浦武四郎の石狩日誌も出て来る岩窟が石垣山の頂上附近にあって畳三~四枚の広さ。登山道にロープを張っている所があり岩窟に行くことが出来る。更に進んだ山頂付近には八十八ヵ所を祀ってあります。岩山の山頂からは中愛別、愛山、当麻、比布、旭川方面も眺望出来るが高所恐怖症には無理かも。石垣山頂の岩は国道から見るとアイヌ木彫りの酋長の顔、山頂で上川側横から見ると少女の横顔に旭川側から見ると男性の顔に見えるのが不思議。かつてこの地は石狩アイヌと十勝アイヌの古戦場とも伝えられており、山頂には「チャシ」といわれる空壕がある。

石狩川と愛別川

愛別町

愛別町を流下する石狩川は愛別川が合流する付近から大河の様相を見せ始める。昔はイトウ釣場として中愛別付近まで良い釣場でしたが、今は幻に近い存在で保護の対象となってしまった。釣り方は本流竿を使用した餌釣りからルアー&フライトまで可能。釣場は中愛別の発電所から下流の石狩川でメインターゲットはニジマス。アメマスもたまには釣れるようだが本命にはならない。難点はポイントとポイントの間が遠いこと、車で移動をしながらの釣りとなるので、通い慣れていないと効率が悪い釣りになる。愛別川の下流域は河川改修で直線化されたところが多く、水量が多いと流れが速く危険で釣りにならない。愛別市街付近より上流も魚影は少なくストレスの高い釣りになる。ただ時々愛別ダムより落ちてきた大物が釣れることも有るので人気は有るようだが。旭山付近から上流の愛別川は自然河川です。

愛別ダム

愛別町

石狩狩別川に造られた愛別ダムは旭川からはアクセスが楽で気軽にいける釣場。ヘラブナなら当麻ダム、ニジマス、アメマス狙いなら愛別ダムという傾向でしょう。主な対象魚はニジマスとアメマス、冬はワカサギと言うのが一般的ですが、ヘラブナと鯉釣りの方も時々訪れている。コイやヘラ狙いにはウグイの多く快適な釣りは難しそうです。以前は時々ブラウンが釣れて話題になりましたが最近は聞いてないので繁殖はしていなかったのでしょう。全体に根掛かりは多いので仕掛けやルアーは多めに用意するかシングルフックに。ポイントは水量の多い時はインレット付近。水位が減少するとカヌーポート付近など、ポイントは道路側の湖岸だけ。愛別ダムに流入する石狩狩別川は禁魚になっている事が多いので事前に確認して下さい。街に比較的近くレジャーをかねて気軽に釣りを楽しめる釣り場ですが、ダム周辺はヒグマの行動圏なのでご注意を。

愛別町の自然とアウトドアスポット・ミニギャラリー

愛別町 愛別町 愛別町 愛別町 愛別町 愛別町

☆更新情報など☆

レイアウトをレスポンシブタイプに変更しました。

横走り pagetop  戻る  先へ

道北NAV

愛別町を巡る旅
中川町を巡る旅
音威子府村の旅
美深町を巡る旅
close
幌加内町を巡る旅
名寄市を巡る旅
close
下川町を巡る旅
士別市を巡る旅
剣淵町を巡る旅
和寒町を巡る旅
鷹栖町を巡る旅
比布町を巡る旅
当麻町を巡る旅
上川町を巡る旅
close
旭川市を巡る旅
close
東川町を巡る旅
close
東神楽町の旅
美瑛町を巡る旅
close
上富良野町の旅
中富良野町の旅
富良野市の旅
close
南富良野町の旅
占冠村を巡る旅